吹奏楽CD 吹奏楽DVD 新着情報

▲TOPへ

サイトマップ



トップページ / 吹奏楽&管打楽器 / 吹奏楽CD&DVD / 新譜情報
2024年3月1日以降にリリースされた、もしくは新着した吹奏楽のCD/DVDです。
4月11日リリース


モデルバンド:昭和ウインド・シンフォニー
ブレーン BOD-7822
福本信太郎氏、鈴木英史氏のダブル講師で音楽づくりをサポート。
大編成のバンドであっても、小編成バンドであっても変わらず役に立つ合奏テクニックを紹介します。

◆課題曲III
 メルヘン〜吹奏楽のための〜−作曲:酒井格

ポイントは“キャラ設定!”
 ●登場する数々のテーマにキャラクターを設定する
 ●ハーモニーの移り変わりが感動のポイント!
 ●“poco”テンポの指示を使い分けている意図を探る
 ●場面ごとの音楽づくりがクライマックスへ向けてのポイント

◆課題曲IV
 フロンティア・スピリット〜吹奏楽のための〜−作曲:伊藤宏武

ポイントは“テンポ感”と“バランス”
 ●旋律のアーティキュレーション、ニュアンスの変化を大切に
 ●声部が多い場面をグループに分けて練習する
 ●トリオのトランペットとユーフォニアムはソロと複数奏者どちらを選択する?
 ●クライマックスがいくつか設定されている。その違いを生む音楽づくり

※Vol.2は課題曲 III と IV のみ収録しています

税込販売価格:3960
おまかせ発送で送料無料
[在庫無し]

モデルバンド:昭和ウインド・シンフォニー
ブレーン BOD-7821
福本信太郎氏、鈴木英史氏のダブル講師で音楽づくりをサポート。
大編成のバンドであっても、小編成バンドであっても変わらず役に立つ合奏テクニックを紹介します。

◆課題曲I
 行進曲「勇気の旗を掲げて」〜吹奏楽のための〜−作曲:渡口公康

ポイントは“ユニゾン”と“カデンツ”
 ●ユニゾンとポリフォニーの場面で差をつけて演奏効果を高める
 ●軽やかな旋律のリズムやアーティキュレーションに注意
 ●カデンツはどこに現れる?音楽の流れを把握する
 ●3回繰り返されるトリオ、エンディングに向けての音楽づくり

◆課題曲II
 風がきらめくとき〜吹奏楽のための〜−作曲:近藤礼隆

ポイントは“縦の糸(和音の美しさ)”と“横の糸(音楽の流れ)”
 ●和音が“開いていく”とは?全曲を通じて丁寧に音を紡ぐ
 ●音色を土気合わせる練習のコツは?
 ●クレシェンド・・文字と記号で分けて記載されているその意味を探る
 ●エピローグのようなエンディングをどう表現する?

※Vol.1は課題曲 I と II のみ収録しています。

税込販売価格:3960
おまかせ発送で送料無料
[在庫無し]
4月10日リリース

 

昭和音楽大学吹奏楽団 昭和ウインド・シンフォニー
ブレーン OSBR-40002
第24回を迎える昭和音楽大学吹奏楽団昭和ウインド・シンフォニー定期演奏会。4年ぶりの来日となったユージーン・M. コーポロン氏との共演を是非お聴きいただきたい。ラインナップは、アメリカをはじめとする最新作であり、吹奏楽の可能性を大いに追及した最先端の作品群となっている。

収録:2023年6月1日-3日,昭和音楽大学[テオトロ・ジーリオ・ショウワ]

税込販売価格:2750
購入金額合計が3001円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
[在庫無し]
3月28日リリース


静岡大学吹奏楽団
ブレーン OSBR-40004
今や全国大会常連として名を連ねる静岡大学吹奏楽団が3度目のセッションレコーディングに挑戦!
2023年、30年振りの来日が話題となったJ.ウィリアムズの「リバティ・ファンファーレ」に始まり、吹奏楽の神様と称されるA.リードの「ロシアのクリスマス音楽」では荘厳な響きを奏で、経験者なら一度は演奏したいO.レスピーギによる大作「シバの女王ベルキス」(組曲全曲)など多岐に渡るジャンルを収録。楽団にとって集大成となる想いの詰まったアルバム。

これは渇いた魂への恵みの雨。
驚きはないかもしれない。聴けば聴くほど心のあるべき姿を取り戻してくれる音楽の本道をゆく演奏。曲ごとに濃密な気配を纏い、命あふれる空気感に包まれている。ぜひ一聴、ではなく繰り返し繰り返し聴いてほしい一枚。(長生淳コメントより)

税込販売価格:2750
購入金額合計が3001円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
[在庫無し]
3月15日リリース


龍谷大学吹奏楽部、ユーフォニアム奏者:外囿祥一郎
ワコーレコード WKCD-0166
2023年12月、ザ・シンフォニーホールに於いて開催された龍谷大学吹奏楽部第50回定期演奏会のライブCD。
第1部は、ロサーノ・ガランテの「成層圏への旅」で華々しく幕を開け、第1部の最後にはフィリップ・スパークの「ドラゴンの年〔2017年版〕」を壮大に聴かせます。
第2部のゲストステージではユーフォニアム奏者:外囿祥一郎氏を迎え、本公演のために高 昌帥が書き下ろした「Euphonium Concerto」を披露。外囿祥一郎が奏でる豊かな音色と龍谷大学吹奏楽部の息の合った演奏がお楽しみいただけます。メインにはオットリーノ・レスピーギの『交響詩「ローマの祭り」』を演奏。煌びやかな熱演が光る渾身のライブ演奏CDです。

■2023年12月27日 ザ・シンフォニーホールにてライブ収録

税込販売価格:2750
購入金額合計が3001円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
[在庫残り僅か]
3月8日リリース


相愛ウィンドオーケストラ
ワコーレコード WKCD-0165
相愛大学ウィンドオーケストラ3枚目となるCD。
ダリウス・ミヨーが1945年に作曲した「フランス組曲」の他、ヴァーツラフ・ネリベルの「二つの交響的断章」など聴きごたえのあるオリジナル作品をはじめ、モーリス・ラヴェルの「ラ・ヴァルス」では、軽やかに、そして優美に聴かせてくれます。相愛大学ウィンドオーケストラの煌びやかなサウンドをお楽しみください。

税込販売価格:2750
購入金額合計が3001円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
[在庫有り]

[前のページへ戻る]