▲TOPへ

サイトマップ

/shop/fl_wbinst/wb_av/index.php
トップページ / 吹奏楽&管打楽器 / 吹奏楽CD&DVD / レーベルと在庫リスト
右のメニューをクリックすると、該当するレーベルに関する情報が表示されます。
最近2ヶ月間の新着ディスク
4月21日リリース

レアトラックス 真島俊夫アンソロジー(3枚組)
VARIOUS
CAFUA CACG-0260
2016年4月に早世された作曲家・真島俊夫の作品集を、一周忌に合わせてリリース。「CAFUAが録音してきた音で作品集を作ってくれないか?」との要望を実現。オリジナル作品7曲、管弦楽アレンジ3曲、マーチ6曲、そしてポピュラー作品11曲と真島俊夫の魅力を注ぎ込みました。あまり世に紹介されていない秘曲、CAFUA秘蔵のライブ音源、ご家族より提供いただいた未発表フォトなど満載。2017年1月に開催された「真島俊夫メモリアルコンサート」を始め、16の演奏団体および8名のソリストの演奏を収録。まさに「レアトラックス」に相応しい、真島俊夫のアンソロジー(名曲集)となりました。3枚組・合計27曲収録の豪華盤で、真島俊夫の軌跡と魅力を解き明かします。
[在庫無し]
4月21日入荷

コンフルエンセス
ドレイク大学ウィンド・シンフォニー
Mark Custom 52493-MCD
ディスク・タイプ】 CD-R
注目の作曲家や作品をを積極的に取り上げきたドレイク大学ウィンド・シンフォニーによる吹奏楽作品集。
今作品では、日本でも「エスカペイド」でその名を知られることとなったジョセフ・スパニョーラの「ブロウ、イースタン・ウィンズ」を収録。2016年、グローバル・ミュージック・アワード作品/作曲部門にて銀賞を受賞した注目作品です。その他、ジェームズ・バーンズの「ヨークシャー・バラード」や、アンソニー・イアナコンの「優しき雨のあとに」なども収録。ドレイク大学ウィンド・シンフォニーの堅実な演奏は好感度大です。

[在庫有り]
シエッラ・ライブ:ロベルト・シエッラ作品集
イーストマン・ウィンド・アンサンブル
Summit DCD 695
プエルトリコ出身のロベルト・シエッラの作品集。イーストマン・ウィンド・アンサンブルのライブ演奏(2005年〜2015年)をまとめたコンピレーションアルバムとなっています。
『交響曲第3番「ラ・サルサ』は、2005年、ミルウォーキー交響楽団の委嘱によって作曲されました。プエルトリコ、ドミニカ、キューバのサルサやアフロ・キューバンなど様々なリズムが用いられた楽曲で、熱気と情熱的な楽曲です。その他、「ファンダンゴス」や「アレグリア」など、全6作品を収録。
ラテン・グラミー賞最優秀現代音楽作曲やピューリッツァー賞音楽部門にノミネートされるなど実力派ロベルト・シエッラの素晴らしさを堪能頂ける一枚です。

[在庫残り僅か]
シンプル・ギフト
ワシタ・バプテスト大学ウインド・アンサンブル
Mark Custom 52496-MCD
ディスク・タイプ】 CD-R
アメリカのキリスト教系大学、ワシタ・バプテスト大学の在学生で構成されるワシタ・ウインド・アンサンブルによる2012年と2016年に収録された吹奏楽作品集。
タイトル作となっているフランク・ティケリの「シンプル・ギフト」のほか、デイヴィッド・ギリングハム、パーシー・オルドリッジ・グレインジャーなど注目作曲家の作品全8作品を収録。リリースの度に確実に実力を伸ばしてきており、今後の活躍にも期待が持てます。また収録楽曲の全ての楽譜は弊社にてお取り扱いしておりますので、楽曲選びにも最適です。

[在庫有り]
4月20日リリース

熱演!吹コン課題曲2017
フィルハーモニック・ウインズ 大阪
グリーンミュージック YGMO-3009
毎年好評を博しているフィルハーモニック・ウインズ 大阪の全日本吹奏楽コンクール課題曲集。課題曲に『音楽性』を存分に加えた究極の一枚です。
また、全曲、オプション楽器も含んだフル編成での演奏。今年も期待を裏切らない『時任×オオサカン』の演奏は必聴です。

[在庫有り]
4月12日リリース

リオ・グランデ
昭和ウインド・シンフォニー
CAFUA CACG-0256
ユージーン・コーポロンを迎え、積極的な新作への取り組みで注目を集める昭和音楽大学。今作も日本初演が4曲とドアティの注目作「リオ・グランデ」など個性光る選曲です。常に新しい視点で見出す楽曲の価値を最大限に昇華させる演奏は貴重で、現代吹奏楽にとって大きな意味を持ちます。吹奏楽の可能性と芸術性を追究し続けるコーポロンと昭和音楽大学、2016年のライブアルバムも会心の一枚です。

昭和音楽大学吹奏楽団 昭和ウインド・シンフォニー 第17回定期演奏会
2016年5月28日 テアトロ・ジーリオ・ショウワにてライブ収録

[在庫無し]
ジェミニ コンチェルト
龍谷大学吹奏楽部、トランペット:アンドレ・アンリ、ユーフォニアム:外囿祥一郎
CAFUA CACG-0259
圧倒的な演奏で10回目の全国大会金賞を成し遂げた龍谷大学吹奏楽部。2016年12月にびわ湖ホールで開催された定期演奏会をライブ収録。ゲストとしてトランペットのアンドレ・アンリ、ユーフォニアムの外囿祥一郎の両氏を招き、また委嘱新作として「デュオ コンチェルタンテ」(ケンツビッチ)と「ジェミニ コンチェルト」(スパーク)の2曲を披露。確かな技術と高い音楽性を兼ね備えたソリストとバンドの共演による世界初演の貴重な記録となりました。また、話題のマッキーを始め、金山徹新編曲の「パリのアメリカ人」、バーンスタインの傑作「シンフォニック・ダンス」など、同大としては珍しくアメリカの作品を多く取り上げたプログラム。シンフォニックな響きの中にもポップスの要素を求められる作品群で、龍吹の新しいサウンドの息吹を感じさせてくれます。

龍谷大学吹奏楽部 第43回定期演奏会
2016年12月3日 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホールにてライブ収録

[在庫無し]
4月8日リリース

ええとこどり VOL. 6: 高 昌帥:桜花の光跡
フィルハーモニック・ウインズ 大阪
グリーンミュージック YGMO-2011
このCDは、我々フィルハーモニック・ウインズ大阪(オオサカン)が2年に一度リリースしている自主企画CD「ええとこどり」の第6弾です。
「新旧を問わず、優れた国内外のオリジナル作品、また編曲作品(時にはポップスも!)を選曲する」というコンセプトのもと、吹奏楽の魅力をお伝えすることがプロフェッショナル吹奏楽団としての使命と感じております。
今作のメインには、惜しまれつつこの世を去られた真島俊夫氏の『富士山』を選曲いたしました。氏と当団の繋がりは、第6回定期演奏会の客演指揮にお招きした時からとなります。満席の中行われた白熱の演奏会は、オオサカンにとって貴重な財産となりました。その他、タイトル曲でもある高昌帥氏の新曲『桜花の光跡』や、『マスク』で知られるマクベス氏の隠れた名曲『ドラマティコ』、当団音楽監督木村吉宏編曲の『雪娘』、古いスイングジャズをイメージしたバックリー氏の『スイングタイム』と、バラエティ豊かな選曲となりました。このCDが全ての吹奏楽愛好家の皆さまの「お気に入りの1枚」になることを願って止みません。−フィルハーモニック・ウインズ 大阪(オオサカン)

[在庫無し]
3月31日リリース

2017年全日本吹奏楽コンクール 課題曲合奏クリニックDVD
講師:福本信太郎 モデルバンド:昭和音楽大学 昭和ウインドシンフォニー
ブレーン BOD-7813
楽曲の構成・ツボが分かるので⇒「限られた人数」での演奏時も参考になるポイントが満載
効果的な練習法が提案されているので⇒「限られた時間」での練習の効率を高められる!

▼こんな時に見てほしい
 ・選曲中。少ない人数で、どの曲に挑戦するか悩んでいる。
 ・忙しくてスコアリーディングの時間が無い。
 ・練習を始めたが、上手くいかず行き詰まっている。
 ・吹奏楽指導経験が無く活躍中の先生の考えを参考にしたい。

▼選ばれる理由
課題曲のある部門に出場される指導者の、およそ5人に1人は持っている人気シリーズ。全国大会で指揮した2団体すべてを金賞に導いた、福本先生の緻密なアナリーゼに基づいた確かなクリニックは、悩みを抱えるクラブが的確に一歩一歩ステップアップできるポイントが満載です。

[在庫無し]
カーペンターズ・フォーエバー“HEY!” 〜 第45回グリーンコンサート
大阪府立淀川工科高等学校吹奏楽部、淀川工科高等学校OB吹奏楽団
ブレーン OSBR-33015
“淀工”でおなじみの大阪府立淀川工科高等学校吹奏楽部が1年の集大成の演奏会、グリーンコンサートのライヴCD。今回は45回記念として「大序曲1812年」を圧巻の300名による演奏を収録。また多くの淀工レパートリーから表題曲「カーペンターズ・フォーエバー」や「アルメニアンダンス・パート機廚里曚昨年(2016年)惜しまれつつ亡くなった故真島俊夫氏の委嘱作品「コンサートマーチNumber1」(1999年作曲)も収録。演奏会の裏話も込めた演奏会解説もご一緒に楽しめる一枚です。
[在庫無し]
3月24日入荷

ファンタジー
フィリップ・コブ (トランペット)、イギリス空軍セントラルバンド
Doyen 366
イギリス空軍セントラルバンドとトランペット奏者フィリップ・コブの夢の共演です。
2009年7月、まだわずか21歳の若さでロンドン交響楽団の首席トランペット奏者に任命されたフィリップ・コブ。その類い稀なる才能と音色を心ゆくまで堪能できる待望のサードアルバムが登場です。
アンドリュー・ピアスの「春の子守歌」では、フィリップ・コブの歌心あふれるトランペットの調べが、またヘルマン・ベルシュタッド作曲、ドナルド・ハンスバーガー編曲の「ナポリ」では、卓越のテクニックを披露。その他、トミー・ウルフの「Springtime Can Really Hang You Up the Most(春は私を最も憂鬱にさせる)」では、ヴィブラフォン奏者:サム・ウォルトンとのデュエットでしっとりと聴かせてくれます。ファン必聴・必携のアルバムです。

[在庫無し]
ミュージック・イン・ジ・エアー
イギリス空軍セントラルバンド
Doyen 361
イギリス最高峰の吹奏楽団である空軍セントラル・バンドによる吹奏楽作品集の登場です。
以前にイギリス空軍セントラルバンドの指揮者を務めていたロブ・ウィッフィンの「タイムピース」や「ジャスト・アズ・ユー・アー」の他、ヨハネス・ブラームスの「クラリネットソナタ 第2番 作品120-2 変ホ長調:第1楽章」では、グラハム・ジョーンズが華麗なるクラリネットソロを聴かせてくれます。また、アラステア・ウィーラーが編曲した「スカッフ!」は、ベルリオーズの「幻想交響曲:第4楽章 断頭台への行進」がジャステイスト溢れた作品へ変貌を遂げ、アレンジの妙に驚かされます。クラシカルからスウィングジャズまで柔軟に対応し素晴らしい演奏を聴かせてくれるイギリス空軍セントラルバンド。愛聴盤としてオススメの作品集です。

[在庫有り]
セレブラーレ
シドニー音楽院ウインド・シンフォニー
Klavier K 11215
シドニー音楽院ウインド・シンフォニーよる吹奏楽作品の登場です。
シドニー音楽院は、1915年、オーストラリア初の音楽院として創立。創立当初から革新的な演奏トレーニング中心の教育を行っており、創立100周年を経た現在、数多くの芸術家や学者が講師として招かれ、才能豊かな次世代の音楽家たちを育てていくことを目標としています。
今CDでは、シドニー音楽院ウインド・シンフォニーの委嘱作品で、アンドレ・プレヴィン自身初の吹奏楽作品「吹奏楽のための音楽」をはじめ、エリカ・ミュールの「スモーク・アンド・ミラーズ」、ピーター・ヴァン・ザント・レーンの「ハイブマインド」、マシュー・ハイドソン&ポール・マックの「都市へのレクイエム:第1楽章」の4作品がCD初収録。またオーストラリア出身の作曲家パーシー・オルドリッジ・グレインジャーの「スプーン・リヴァー」も収録され、シドニー音楽院の校風そのままに意欲的な作品集となっています。
※紙ジャケット仕様

[在庫有り]
3月22日リリース

アーネム:ベスト オブ マーチ3
陸上自衛隊中央音楽隊
フォンテック FOCD-9742
ディスク・タイプ】 Hybrid SACD
日本を代表する吹奏楽団として、1951年の創立以来65年以上にわたり歴史を重ねる陸上自衛隊中央音楽隊(中音)。武田晃隊長のもと、躍進を続けた中音の<ベストオブマーチ>、待望のシリーズ第3弾の登場です。
第二次大戦における「マーケット・ガーデン作戦」戦死者の追悼曲として作られた表題曲「アーネム」をはじめ、マーチのスペシャリストとしての魅力を凝縮したその演奏は、吹奏楽ファンならずとも必聴です。音質的にも好評を頂いた前2作同様、SACDハイブリッド盤でのお届けとなります。
マーチの真髄を示す、武田=中音の名演がお楽しみ頂けます。

[在庫残り僅か]
3月17日入荷

アンド・ザ・タイム・イズ:ジャック・スタンプ作品集
ヴァンダービルト・ウインド・シンフォニー、ヴァンダービルト・コラール&交響合唱団、ソルティス弦楽四重奏団
Klavier K 11213
ジャック・スタンプ初の弦楽四重奏曲となる「弦楽四重奏曲第1番」や、ナレーター、合唱などが加わった「カンティクル:ヴォーチェ・カデンテス」など、吹奏楽の作品だけで無く、幅広いジャンルでジャック・スタンプの楽曲が収録された作品集。
演奏は、ヴァンダービルト大学の学生とヴァンダービルト大学ブレア音楽学校の学生で構成された、ヴァンダービルト・ウインド・シンフォニー。ジャック・スタンプの音楽感と魅力が凝縮されたファン必携の作品集です。

[在庫残り僅か]
交響曲第3番「黙示録」
イリノイ州立大学ウィンド・シンフォニー、ベル・ヴォア(ISU)・シンガーズ
Klavier K 11214
スイス出身の作曲家、トーマス・トラクセルによる『交響曲第3番「黙示録」』です。
この『交響曲第3番「黙示録」』は、トーマス・トラクセルが2006年に作曲した交響曲第1番、2007年の交響曲第2番を踏まえて、作曲。またこの交響曲第3番のために、トラクセルはスイスの作家、アルテュール・オネゲルに詩を書いてもらえるよう依頼をし、「子供たち」という詩が書かれました。そしてこの「子供たち」という詩を基に、第3楽章から第5楽章に加わる合唱のための歌詞へとなっています。この世の中に向けての疑問、非難を投げかける詩と、トーマス・トラクセルの壮大なスケール感溢れる作風で、とても感慨深い交響曲となっています。

[在庫無し]
3月15日リリース

ウインドオーケストラのためのマインドスケープ
東海大学付属札幌高等学校吹奏楽部
CAFUA CACG-0255
2016年7月に札幌Kitaraで行われた第39回定期演奏会のライブディスクです。全日本吹奏楽コンクール全国大会において通算20回目の金賞受賞を達成し、ますます美しいシンフォニックサウンドに磨きをかけています。しっかりとした音楽づくりと広がりある響きは唯一無二で、演奏会でも十二分に楽しませてくれます。
2016年4月に校名を「四高」から「札幌高校」に変え、さらなる高みを目指します。

■2016年7月3日 札幌コンサートホールKitaraにてライブ収録

[在庫無し]

[前のページへ戻る]