▲TOPへ

サイトマップ

/shop/fl_wbinst/wb_av/index.php
トップページ / 吹奏楽&管打楽器 / ベル・ミュージック・プレス
有限会社ミュージックストア・ジェイ・ピーの出版部門「ベル・ミュージック・プレス」では、様々なジャンルの楽譜の出版や参考演奏CDのリリースを行っています。
吹奏楽譜
 

作曲: 実川俊晴
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:羽毛田 耕士)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
沢山のカバーが国内外に存在しているこの曲ですが、このアレンジは海外のアーティストがスウィングで演奏していたものにインスパイアされ製したものです。ミディアム・スウィングで楽しく演奏しましょう。
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 渡辺岳夫
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:赤塚 謙一)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
倖田來未さんのバージョンを参考にアレンジしています。ノリノリのロックでカッコ良く決めましょう!!
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 大野雄二
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:赤塚 謙一)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
2011年12月2日に日本テレビ系の「金曜特別ロードショー」にて放送された「ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~」のサウンドトラックよりアレンジしました。
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 椎名林檎
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:羽毛田 耕士)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
原曲がビッグバンドに近い編成のため、これに近い形でアレンジしており、さらにビッグバンド編成にはない楽器を加えています。ビッグバンドのサウンドに近くなるように敢えてオブリガードなどは最小限に抑えています。、アップテンポのカッコいいスウィングは、J-POPであることを忘れてしまいそうな出来映えで、どんな場面でも使えます。終盤ハーフテンポになりますが、落ち着いてテンポをキープしてハードにスウィングして決めましょう!
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 呉田軽穂
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:赤塚 謙一)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
美しいルバートの序奏のあと、アップテンポのボサノバで爽やかに軽やかに。新感覚のアレンジです。
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 田中正史
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:羽毛田 耕士)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
オリジナルもスウィング調のため、見事にイメージを継承しています。トロンボーン、テナー・サックス、トランペットの3管でメロディとソロ・スペースを担当し、それ以外のパートは合いの手とバックグラウンドをゴージャズにこなします。
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
バリチュー楽譜
 

作曲: 鶴原 勇夫
ユーフォニアムとテューバによる四重奏団「獅子座」の委嘱により、1993年に作曲。
1994年1月17日練馬文化会館小ホールに於ける「獅子座」演奏会にて、後藤文夫、露木薫、渡邊功、佐藤潔の4氏により初演されました。全3楽章、演奏時間は約12分です。

Euphoniumのパート譜は、へ音(C)とト音(Bb)を同梱しています

[ローブラス・アンサンブル]

[前のページへ戻る]