LAB 2011 (CD + DVD)(2枚組) | University of North Texas One O'Clock Lab Band | ビッグバンド | CD | North Texas Jazz LA1101-SW | ミュージックストア・ジェイ・ピー

▲TOPへ

サイトマップ

注文番号:
062645

ご注文数:

LAB 2011 (CD + DVD)(2枚組)

ビッグバンド界の最先端を突っ走るアメリカ最高峰の「学生」バンド
商品カテゴリ
ビッグバンド / CD

演奏
University of North Texas One O'Clock Lab Band
指揮:Steve Wiest

レーベルと品番
North Texas Jazz LA1101-SW

リリース年
2011年

おすすめ度
★★★

利用可能なお支払方法
    

次回の発注は3-4ヶ月先を予定しておりますが、オーダー量によってはスケジュールが変更となる場合もございます。ご了承のほどお願い申し上げます。
希望小売価格(税込) 3456円 (本体3200+税256)
参考会員価格(税込) 3283  (本体3040+税243)5%割引 (値引額:173円)
  • 会員価格は会員条件によって異なる(割引率が異なる)ため、参考までに最も割引率が低い一般会員の価格を表示しています。
  • 実際の会員価格は、ご購入手続きの際に定価と割引を表示することで明示されます。
  • ログインをして頂ければ、お客様向けの会員価格を表示できます。
  • FAX/電話注文の場合は、この会員価格は適用されません。
  • 輸入品の定価は、為替レートなどの諸情勢を考慮し、予告なく変更する場合がございます。

商品コメント

日本では学生バンドというとクラブ活動のイメージがありますが、ノーステキサス大学のOne O'Clock Lab Bandは音楽大学でジャズを専攻し真剣にジャズに取り組んでいる学生のアンサンブル集団です。そのタイトで緻密なサウンドは、プロフェッショナルのバンドと何一つ違うものではなく、むしろ最先端を常にリードするバンドといっても過言ではないでしょう。
日本では未だにベイシー信仰が多勢を締め(それが悪いとは申しません!)、このような最先端を行くバンドが敬遠される傾向にありますが、コンテンポラリーなジャズが好きな方であれば、心に響くこと間違い無しです。

さて、例年通りOne O'Clcok Bandのコンテンポラリーなサウンドは健在です。学生の作編曲、そして現在のディレクター、Steve Wiestの作品と前ディレクター、Neil Slaterの作品を配し、さらにBill Holman、Richard DeRosaなどベテラン勢の作品を取り入れています。特に1曲目のマイケル・ブレッカーの「Modus Operandy」の学生(Kevin Swaim)によるスピーディかつスリリングなアレンジは、リスナーの心をつかむには十分以上の内容。これだけでもOne O'Clock Lab Bandの凄さが理解できるはずです。

そもそも、One O'Clock Lab Band出身のプレイヤーは非常に多く、日本でもバリトン・サックスの長島一樹氏など帰国後引く手あまたで大活躍されている方もいらっしゃいます。是非ご注目下さい。

このパッケージには、CDとDVDが入っており、DVDにはレコーディング風景の映像に載せ、CDと同じ全トラックを視聴出来ます。いわゆるボーナスDVDではなく、こちらがメインと考えてもいいかもしれない内容です。

収録曲

1. Modus Operandy
[ Michael Breacker / arr. Kevin Swaim ] ( 9:09 )
2. Duplicity
[ Colin Campbell ] ( 9:32 )
3. Perseverance
[ Richard DeRosa ] ( 7:35 )
4. Hip Pickles
[ Lou Marini ] ( 8:20 )
5. Nail in the Coffin
[ Kevin Swaim ] ( 7:40 )
6. Doublethink
[ Sean Nelson ] ( 5:16 )
7. Yesterdays
[ Jerome Kern and Otto Harbach / arr. Bill Holman ] ( 6:53 )
8. Special Interests
[ Neil Slater ] ( 5:09 )
9. The Last Theme Song
[ Steve Wiest ] ( 7:07 )


大学一年生の時に先輩から、これ格好いいから聞いてみな、とCDを貸していただいたのがワンオクロックラブバンドとの出会いでした。衝撃の演奏に身震いし、ワンオクロックの録音を買いあさったものでした。あれから約15年。ワンオクロックラブバンドのOBとして、こうしてLAB2011のライナーノーツを書いているなんて未だに実感がわきませんが、センチメントになり過ぎないようにいきたいと思います。

1曲目は学生コンポーザーKevin SwaimのアレンジによるMichael Breckerの“Modus Operandy”。この複雑難解な曲のトランスクライブとモダン感覚溢れるアレンジにいきなり度肝を抜かれますが、なんといってもテナーサックスのMark Dehertoghの、Brecker的ボキャブラリーを自分のものにしているその演奏能力の高さに脱帽です。Nick Wlodarczyk のトロンボーンソロも聴きごたえ十分で、ソロ中のバックとの絡みは迫力満点です。それにしても複雑に入り組んだこの変拍子のアレンジをバンド全体で一糸乱れずに演奏する技術の高さはお見事としかいいようがありません。ここまでくるとちょっと見せつけっぽいですね(笑)。

2曲目はバンドのピアニストであるColin Cambellによる初のビッグバンド用アレンジである“Duplicity”。“Duplicity”とは“2面性”つまり裏表がある事を意味するわけですが、そのタイトルの通り、美しい無伴奏のオーケストラ・スタイルのイントロから始まる曲がトランペットソロを挟み、ある種凶悪な雰囲気の中盤へ進み、最後はまたその美しい雰囲気に戻りその対称性を鮮やかに描きます。そして表裏の危険性を暗示するかのようなミステリアスなラスト。学生にありがちなやや詰め込み過ぎなアレンジのきらいはありますが、初のビッグバンドチャートとは思えない完成度の高さにノーステキサス大学の学生の底力を感じざるをえません。ソロはトランペットのPete Clagettoと作曲者であるピアノのColin Cambellで曲全体の雰囲気をつかんだ素晴らしい表現力です。

3曲目はノーステキサス大学のジャズ・コンポジションの教授であるRichard Derosaによって書かれた“Perseverance”。このアレンジは全体的にホーンセクションがタイムキーパーの役割を果たすことにより、リズムセクセクションが装飾役を務める、という逆転発想の図式の曲です。そのテーマは最後まで変わらず螺旋状のような雰囲気で、いかにもLab(実験室)的な要素を含んだ曲といえるでしょう。ベースのJacob SmithとピアノのColin Cambellの素晴らしいリズムセクションのソロからフリューゲルのPete ClagettとテナーサックスMark Dehertoghの幻想的なソロへ続きます。曲を通じRichard Derosaは霊妙な雰囲気を創出しており、モダンビッグバンドの傑作とも呼べる作品となっています。

そしてBlue Lous Mariniの“Hip Pickles”が続きます。この曲は元々1960年代後半にワンオクロックのために書かれた曲で、Lous Marini属するBlood, Sweat & Tearsで1972年に録音されました。Blue Lous Marini曰く、この曲はJimi Hendrixとイギリスの有名ロックバンドであるCreamのロックスタイルを反映させたものである、ということです。オーケストレーションはビッグバンドとしては簡略化されており、それ故独自のムードを醸し出しています。これもワンオクロックの録音だから格好いいのかも知れません。

面白い声の録音も入っていますね。これはトロンボーンのNick WlodarczykとピアニストのColin Cambellによるものですが、遊びが感じられ楽しい出来栄えです。また曲全体を通じScott Kruserのロックスタイル・ギターが大変効果的です。ソロはバリトンサックスDustin MollickとトロンボーンのKevin Hicksで、ともに大変高い演奏能力をしめしています。

続いては学生コンポーザーKevin Swaimによる“Nail in the Coffin”。彼曰く、この曲は、昨今のビッグバンドでは暗く破壊的な曲が多い中、それとは反対に何か“happy”なものを自然に描きたかった、とのこと。なるほど、大変聴きやすく勇気がわく雰囲気で、とても好感のもてる曲となっています。フィーチャリングソロはアルトサックスのAdam Hutchesonで、まさに曲のコードチェンジを“nail(俗語で“うまくやる”)”しています。

この曲ではダイナミクスも聴きどころであり、全体のピークからエンディングへ向かうディクレシェンドまで、見事にビッグバンドの持つ演奏のダイナミクスの幅が描かれているといえるでしょう。

“Doublethink”はトロンボーンのSean Nelsonにより書かれたもので、ミディアムテンポの大変思慮深い作品となっています。そのメロディ、コード進行、展開、ドラマティックなオーケストレレーションはワンオクロックの前ディレクターであるNeil Slaterを彷彿とさせるものであり、彼はその影響を強く受けている事は間違いないでしょう。この曲を聴いていると自分がワンオクロックの時にNeilの曲を演奏した時の感覚がリアルに蘇ってきます。見事なソロはアルトサックスのDevin EddlemanとトランペットのKevin Whalenで、その曲解釈は完ぺきです。

次の曲はBill Holmanによってアレンジされたジャズ・スタンダード“Yesterdays”です。何度聞いても感心せずにはいられない、ビッグバンドチャートとして屈指の美しさを持つ素晴らしいアレンジです。こんなに細部にわたりきめ細かく、かつシンプルに聞こえるアレンジは他に思い浮かびません。Bill Holmanはこの曲をStan Kentonの“Contemporary Concepts”というアルバムのために書いたのですが、彼はこのLAB2011のワンオクロックの録音を聞いたところ、Stan Kentonの演奏よりも良い、と感想を伝えたそうです。アンサンブルの見事さもさることながら、やはり学生とは到底思えないテナーサックスのBrian Clancyの成熟したプレーに感動を覚えます。そして忘れてはいけないのがテナーソロ後のわずか数小節ではありますが、リードトランペットのDan Fosterのストレートメロディソロ。まさにビッグバンドの醍醐味ともいえる場面で最高のリードプレイを聞かせます。いやはや、痺れる演奏です。

続いては先ほども述べたワンオクロックの伝説的な前ディレクターであるNeil Slaterその人による作曲“ Special Interest”。彼は2008年の引退後もノーステキサス大学のあるDentonというテキサス州の町に住み続け、こうしてワンオクロックとの交流を続けているわけです。余談ですが、現ワンオクロックのディレクターであるSteve Wiestがワンオクロックの現役プレーヤーであった1985~1988にNeilがディレクターとして登場した頃であったわけで、二人の縁の深さのようなものを感じざるを得ません。曲ですが、Neil特有のシステマティックにテーマを発展させていく芸術的手法が如何なく発揮されているといえるでしょう。彼のビッグバンドアレンジの技術は現存するジャズコンポーザーとしては屈指のレベルである事に何の疑いもありません。 Brian ClancyとPete Clagettのソロはその“Special Interest”を最初から最後まで惹きつけるのに最高の仕事をしています。

Lab2011最後の曲は現ディレクターであるSteve Wiestによる“The Last Theme Song”。

これはどうも解釈が難しく・・(笑)。彼の話によればジャズにあまり精通していない聴衆がビッグバンドジャズは70年代の刑事モノのテーマソングみたい、という反応がありそれに触発されて書いたものだそうです(笑)。つまり、70年代の刑事ものテーマソングみたいなものを本当に現代のビッグバンドに書いてやろうじゃないか、と。それに現代のデス・メタル調のリズムを交えた遊び心のある大変ユニークな作曲となっております。そのバックグランドを知ればこの曲をより楽しんで聴ける事かと思います。ここでもソロ含め曲全体を通じてScott Kruserのギターが大変効果的です。ギターを上手に使える事もワンオクロックのひとつの特徴といえるでしょう。

自分がワンオクロックに在籍したのが2006から2007ですから、あれからもう約5年がたとうとしています。自分にとってグラミー賞6度ノミネートのワンオクロックラブバンドはまさに夢のバンドで、渡米前から学生という範疇でとらえていなかったのですが、今回LAB2011を聞いて、未だにワンオクロックが世界最高峰のレベルにある事に安心するとともに、自分の原点である「憧れ」を思い出し大いに刺激になりました。本場アメリカでもジャズは大衆性を失いジャズを志す若者は減少しているという話を聞きますが、そのような中でも、ワンオクロックラブバンドがいつまでも学生の域を超越した世界的なバンドであってほしいと切に願っています。そしてワンオクロックラブバンドを目指す若者がここ日本からもどんどん出てきて欲しいです。

(2012年2月 長島一樹)

この商品をご注文された方は、以下のような商品も同時に購入されています
[セール対象品] On the Sammy Side of the Street
Sammy Nestico Orchestra
税込セール価格:1987
おまかせ発送で送料無料
[セール対象品] The Music of Pat Metheny & Lyle Mays - Volume 2
Bob Curnow Big Band
税込セール価格:2073
おまかせ発送で送料無料
LAB 2012
University of North Texas One O'Clock Lab Band
税込参考会員価格:2462
おまかせ発送で送料無料
[セール対象品] The Real Deal
George Stone (Big Band)
税込セール価格:1710
おまかせ発送で送料無料
Dreamer of Dreams:
Musics and Arrangements by Jim Martin

ロブ・パートン・ビッグバンド
税込販売価格:1944
おまかせ発送で送料無料
Flying High
Vaughn Nark (Trpt) + Airmen of Note
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料

LAB 2015
University of North Texas One O'Clock Lab Band
税込参考会員価格:2462
おまかせ発送で送料無料
LAB 2013
University of North Texas One O'Clock Lab Band
税込参考会員価格:2462
おまかせ発送で送料無料

[セール対象品] This Time / Last Year
Kris Berg & The Metroplexity Big Band
税込セール価格:1987
おまかせ発送で送料無料
[セール対象品] Eastern Standard Time
Alan Baylock Jazz Orchestra
税込セール価格:1987
おまかせ発送で送料無料
 
Winter Games
作曲: David Foster
編曲: Chris Walden

税込販売価格:9180
おまかせ発送で送料無料
[セール対象品] Dialmentia
Tim Davies Big Band

税込セール価格:1987
おまかせ発送で送料無料
[セール対象品] Home of My Heart
Chris Walden Big Band

税込セール価格:1987
おまかせ発送で送料無料
[セール対象品] No Bounds
Chris Walden Big Band

税込セール価格:1987
おまかせ発送で送料無料


代金のお支払い方法
以下の内容は一般的なものであり、上記商品に当てはまらない場合もございます
クレジットカード(推奨)

ご利用いただけるのは、以下のカードです
 

ゼウス社の極めて安全なセキュアサーバー上でクレジットカード番号を入力しカード決済を行う方法です。当店推奨のお支払い方法です。支払回数は1回のみとなります。

本人名義のカードがご利用いただけます。親のカード、配偶者のカードなど、他人のカードはご利用いただけません。

後払い(コンビニエンスストア・銀行)
後払い決済サービス「アトディーネ」

■このお支払方法の詳細

  • ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社が提供する後払い決済サービスです。
  • 購入商品の到着を確認してから、コンビニエンスストア・金融機関で後払いできる安心・簡単な決済方法です。
  • 請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払い下さい。

■ご注意

  • 後払い決済手数料:
    商品代金が税別1,000円以下の場合 162円(税込)
    商品代金が税別1,001円以上3,000円以下の場合 108円(税込)
    商品代金が税別3,001円以上の場合 無料
  • ご利用限度額:累計残高で54,000円(税込)迄(他店舗含む)
  • お客様は上記バナーをクリックし「注意事項」に記載の内容をご確認・ご承諾の上、 本サービスのお申し込みを行うものとします。
  • 19歳未満のお客様は保護者の了承が必要となります(当店独自のルールです)。
代金引換

■このお支払方法の詳細

  • ヤマト運輸のコレクト便で発送をします
  • 宅急便代を含むご利用手数料が商品代金の税別合計が1万円までの場合864円(税込)、10,001〜15,000円の場合324円(税込)かかります。ただし、商品代金の税別合計が15,001円以上の場合、ご利用手数料は無料になります。

■ご利用可能なお支払い方法

  • 現金
  •  
  • 電子マネー(nanaco/Edy/WAON/交通系電子マネー)
    電子マネー
    交通系電子マネー
  •  
  • クレジットカード/デビッドカード(キャッシュカード)
    クレジットカード
  • カードはご注文者ご自身のカードのみご利用いただけます
  • クレジットカード利用の場合は、1回払い以外に、24回までの分割およびリボ払いをご指定いただけます (カード会社の規定による分割手数料が別途発生します。 またカード会社によりご利用いただけない場合もございます。詳しくは配達員にお尋ね下さい。)
  • 19歳未満のお客様は保護者の了承が必要となります。
  • 受け取り拒否や、そのほかの諸事情で再発送になる場合、再発送手数料として1890円をお申し付けさせていただきます。 この料金の内訳は、ヤマト運輸から当店に返品される際の宅急便代実費、および再発送のための宅急便代実費の合計です。 これに同意されず、荷物の再発送の受け取りを拒否された場合、大変申し訳ございませんが、 以降の代金引換での発送は一切お断りさせていただきますので、ご了承の程お願い申し上げます。
  • 正当な理由無く受け取り拒否をされましても、それを以て売買契約の解除には法的にもなりませんのでご注意下さい。もし正当な理由無く受け取り拒否をされた場合は、最低でも往復の送料の実費、当店における人件費、および在庫品で無い場合は取りよせにかかった実費をご請求させて頂きます。また、それにも応じて頂けない場合は法的措置をとらせて頂きます。
銀行振込/郵便振替(前払)
  • 上記のお支払い方法をご利用いただけない場合は、銀行振り込み、もしくは郵便振替による前払いでのお支払いをお受けいたします。
  • 振り込み手数料はお客様負担となります。
  • 商品が絶版や廃盤などでお届けが不可能になったり、お客様都合でキャンセルをされた場合、銀行振り込みにより代金の返金をいたしますが、お客様都合の場合は返金手数料(代金3万円未満の場合216円、3万円以上の場合432円)を差し引かせていただきます。
  • 返金の際、お客様がご入金時にかかった振り込み手数料のご返金はいたしかねます。

[参考] 平成29年1月〜平成29年12月の1年間のお支払い方法のご利用比率は、以下の通りでした

送付手数料と発送方法

会員区分 商品代金(本体・税別)

発送方法が
「おまかせ」で
支払い方法が
「代金引換」
でない場合

発送方法が
「宅急便」で
支払い方法が
「代金引換」
でない場合

支払い方法が
「代金引換(コレクト便)」
の場合
時間指定:可能な場合あり 時間指定:可能 時間指定:可能
すべての会員様
FAX注文
0円
540円
540円
864
1円〜1,500円


216円

1,501〜5,000円

無料
5,001円〜10,000円
324円
10,001〜15,000円

無料
324
15,001円以上


無料

発送にかかる日数の目安

発送方法 北海道、東北、中国、四国、九州、沖縄 それ以外
ヤマト運輸の宅急便・コレクト便
レターパックプラス/ライト(郵便小包)
2日 翌日
ヤマト運輸のネコポス便
  • 北海道、青森県、秋田県、伊豆諸島(下記の一部を除く)、和歌山県、中国、四国、九州、沖縄・・・翌々日(3日目)の配達
  • 青ヶ島、対馬市、奄美市宇、大島郡、その他の離島・・・4-6日目の配達
  • 小笠原諸島・・・4-11日目の配達
  • それ以外の地域・・・翌日配達(京都府、奈良県、兵庫県の一部の地域のみ翌々日)

クレジットカードでお支払いの場合についての追記

代金引換によるお支払いに関して

※平成26年4月1日より一部変更の上適用

ご注文に対するキャンセルと返品/返金
商品発送前のキャンセルに関する規定

お客様のご都合によるキャンセル

お客様のご都合によるキャンセルで、すでにご入金をいただいている場合の返金

ミュージックストア・ジェイ・ピーの都合によるキャンセル

前払いで未入金のお客様へ

商品発送後の返品に関する規定

楽譜の場合

CDの場合

ミュージックストア・ジェイ・ピーのミスで違う楽譜や破損CDをお届けしてしまった場合は、もちろん返品に応じます。


[前のページへ戻る]