Vaxuosity | Mike Vax with the Ohlone Wind Orchestra | 吹奏楽 | CD | Summit DCD 510 | ミュージックストア・ジェイ・ピー

▲TOPへ

サイトマップ

注文番号:
053903

在庫数:
1

ご注文数:

ただいまの時間、ネットショッピングとFAX注文をご利用いただけます。
お電話でのご注文の受付時間は、営業日の10時〜15時です。

Vaxuosity

商品カテゴリ
吹奏楽 / CD

演奏
Mike Vax with the Ohlone Wind Orchestra
指揮:Tony Clements

レーベルと品番
Summit DCD 510

リリース年
2008年

おすすめ度
★★

利用可能なお支払方法
    

この商品のカテゴリ

希望小売価格(税込) 2484円 (本体2300+税184)
参考会員価格(税込) 2359  (本体2185+税174)5%割引 (値引額:125円)
  • 会員価格は会員条件によって異なる(割引率が異なる)ため、参考までに最も割引率が低い一般会員の価格を表示しています。
  • 実際の会員価格は、ご購入手続きの際に定価と割引を表示することで明示されます。
  • ログインをして頂ければ、お客様向けの会員価格を表示できます。
  • FAX/電話注文の場合は、この会員価格は適用されません。
  • 輸入品の定価は、為替レートなどの諸情勢を考慮し、予告なく変更する場合がございます。
在庫があり、かつ、割引可能なCD/DVDを3タイトル以上ご注文の場合、対象CD/DVDの割引率を15%に引き上げさせていただきます。

商品コメント

マイク・バックスはジャズ・トランペット界のトップ・プレイヤー。数々の小編成やビッグバンドのアルバムをリリースしてきており、どれも高く評価されています。しかし、このアルバムは吹奏楽とのコラボレーションなので、今までとはひと味違います。
全ての曲がトランペット・フィーチャーで、マイク・バックスが高らかにソロを吹き上げます。ただ、元来ジャズ系のプレイヤーなので、クラシック系のトランペッターの方は少々違和感を感じるかも知れません。
ジャズ系プレイヤーと言うだけで、「基礎が出来ていない」とか「いい加減」という悪いイメージがありますが、このアルバムを聞けば、そのようなイメージは吹き飛ぶ事でしょう。ウイントン・マルサリスの例にもあるように、アメリカではきちんとした教育プログラムの中にジャズが組み込まれており、クラシックだから、ジャズだからという隔たりや偏見は無いのです。ここが日本とは大きく異なる事情であり、このアルバムを聞くことで、ジャズとクラシックのコラボは有りなんだということを再認識させられます。
共演するOhlone Wind Orchestraはカリフォルニア州フレモントに拠点を置く吹奏楽団です。

収録曲

1. ハンガリアン・メロディーズ ( Hungarian Melodies )
[ ヴィンセント・バック ( Vincent Bach ) ] ( 5:23 )
2. Carnival Variations
[ Don Jacoby ] ( 1:59 )
3. Trumpeter's Prayer
[ Tutti Camarata ] ( 5:07 )
4. Josephine
[ Bomhr Kyrl ] ( 5:29 )
5. Dramatic Essay
[ クリフトン・ウィリアムズ ( Clifton Williams ) ] ( 4:56 )
6. The Man with the Horn
[ DeLange, Jenny and Lake / arr. Sammy Nestico ] ( 3:19 )
7. Vaxuosity
[ Philip Field ] ( 6:41 )
8. ダイナミカ ( Dynamica )
[ ヤン・ファンデルロースト ( Jan Van der Roost ) ] ( 6:30 )
9. Cornucopia
[ Jack Hayes ] ( 6:34 )
10. Double Concerto Allegro
[ アントニオ・ヴィヴァルディ ( Antonio Vivaldi ) / arr. アンドリュー・グローバー ( Andrew Glover ) ] ( 3:19 )
11. Trumpeter's Lullaby
[ ルロイ・アンダーソン ( Leroy Anderson ) ] ( 3:33 )
12. Brazilliance
[ Warren Baker ] ( 3:42 )
13. Yankee Doodle
[ JB Arban / arr. アンドリュー・グローバー ( Andrew Glover ) ] ( 4:45 )
14. Danny Boy
[ Traditional ] ( 2:09 )


私はジャズ畑の人間なので、このバンドのことは全く知らなかったのですが、Ohloneはカリフォルニア州、オークランドの南東40マイル位のところにあります。Ohlone Wind Orchestra(以下OWO)は、このOhlone Collegeの音楽学部の学生で構成されているバンドのようです。

さてさて、日本ではブラスバンドがポップス系の音楽をやる、というと、若干格下目線で見るような傾向があるように思います。ミュージックエイトからニューサウンズ.イン.ブラスに至るまで、日本でも吹奏楽におけるポップス系の譜面は沢山ありますが、高校時代の個人的な吹奏楽部の経験ではどれも多少軽めに見られている観が個人的にはあります。このアルバムはジャズビッグバンドの名門であるスタン.ケントンのバンドでリードトランペット奏者として名声を博し、教育者としても、バンドリーダーとしても積極的に活躍しているマイク.ヴァックスがOWOのゲストソリストとして参加したアルバムです。吹奏楽一本槍の方には少し違和感のある組み合わせかもしれませんが、佼成ウィンドやシエナにエリック宮城さんがゲストで乗る、っていうイメージだと分かりやすいかもしれません。

ライナーの冒頭に「我々は経験の集積体なのです」とあります。どんな音楽のスタイルを活躍するフィールドの主体に置くかに関係なく、我々は過去の偉大な演奏家や教則本などを追体験して今があるわけです。このレコードではそうした過去の名手にちなんだ”Trumpet Music”が展開されています。ジャンルの違いどうこうは置いておいて、まずは音楽を楽しんでみましょう。

オープニングは今やラッパの名器の代名詞とも言えるVincent Bachのハンガリアン.メロディーズ。ラッパを作るクラフトマンは大抵名プレイヤーだったりしますが、バックもそうだったんですね。マイクのプレイはクラシカルな人の演奏スタイルに比べると若干ラフな感じがしないでもないですが、楽器が豪快に鳴ってて爽快です。エンディングカデンツァでのハイFは彼には楽勝の音域でしょう。

2曲目はお馴染みヴェニスのカーニヴァルの変奏曲です。これはドン.ジャコビーの手になるものですが、マイクが高校生の時にドンとマイクと、今ハリー.ジェイムス楽団のリーダーをしているフレッド.ラドキと三人で吹いた事があるそうです。これはマイクのオーヴァーダブだそうです。音楽はマーチングバンドのようでもあり、ジャズな感じの和声も随所に感じられます。考えてみればスーザの時代はマーチ全盛でしたし、じゃズだってニューオルリンズのスタイルはマーチングから来たものです。ガーシュインのいた頃のポール.ホワイトマンのバンドであるとか、当時の映画音楽はこういう感じの音楽が多かったように思います。今みたいなジャンルの住み分けみたいなのとは関係ないような気がします。

3曲目、来ましたTrumpet Prayer。これのオリジナルを吹いたコンラッド.ガッゾはスイングビッグバンドのトランペットの音色のあり方を決定づけたような人で、1950~60年代のハリウッドでの映画やテレビでのリードラッパとして沢山の実績を残した名手でした。本人の演奏も大変に美しいもので、多くのトランペット奏者の憧憬を集めたものです。昔はネットの上でガッゾの音が聞けたのですが、今見つけられないのは残念。マイクがこれを選ぶのは実に納得です。彼自身ガッゾを生で聞いていたことは間違いないし、敬愛していた事は間違いないからです。

4曲目は伝説の名手、ボウミール.クリルの曲です。クリルはハーバート.クラークなどのコルネットの名手が大勢いた時代のトッププレイヤーの一人だったそうです。クリルはボヘミアからアメリカに渡ってきたそうなのですが、アメリカはヨーロッパやアフリカから多くの移民が移り住んで今のような人口構成になった訳ですが、二十世紀初期に書かれた曲にはヨーロッパの音楽の色合いが濃く残っているように思えます。

5曲目は2曲目で紹介したドン.ジャコビーの為に書かれた曲だそうです。ドンはベニー.グッドマンなどのスイングビッグバンドや放送局のスタジオミュージシャンとして活躍した人のようで、教育者としても名前を残した人のようです。wikiを見てみるとスーザのバンドでクラークのパートを吹いた人でもあるようで、その実力の素晴らしさが想像できます。難しい曲ですがバッチリ吹いてますねぇ。だって、アメリカでラッパ吹いてる人にとってはジャンルに関係なくクラークは必須なイメージありますもん。

6曲目のThe Man with The Hornはレイ.アンソニーとハリー.ジェイムスの録音が有名なようです。二人とも、特にハリー.ジェイムスはそのルックスと驚異的な技巧でアメリカでは全米的なスターでした。この人はスイングジャズのスターでしたが、技巧的にはクラークに代表される超絶技巧をマスターしていた人だったと思います。アレンジはジャズビッグバンドアレンジの巨匠、サミー.ネスティコが書いていますね。

7曲目はアメリカ海軍バンドのリーダーを務めたフィリップ.フィールドという人がマイクの為に書いたオリジナルだそうです。アメリカでは陸海空それぞれの軍がウィンドアンサンブルやビッグバンドを持っていますから、、恐らくはマイクが徴兵かなにかで軍隊にいた頃に書かれたものでしょう。カデンツァ、なかなかに難しいのですが、譜面なのかマイクのアドリブになっているのかは不明です。譜面かな。

8曲目はベルギーのJan Van Der RoostのDynamica。これはマイク抜きでの演奏のようです。OWOは現地では実力のあるバンドのようですが、確かに上手いんだけど、特に木管セクションのピッチに微妙なブレがあったりして、精密さにかけては日本の学生の吹奏楽団も負けてないように感じられます。

9曲目はアメリカの長寿番組、Tonight Showのバンドリーダーを長く務めた名人にして先日惜しくも80で引退(!)したドク.セヴァリンセンの為に書かれた曲です。ファーガソンなどのスタープレイヤーとは違いますが、ドクもまた素晴らしい名手です。マイクは「ドクだったら我々を含む他のプレイヤーよりやすやすと吹いちゃうんだろうなぁ」って書いてますが、ドクはそれほどのめいしゅであり、このレベルになるともう恩学のジャンルの違いなんか関係ない訳です。日本ではクラシカルなスタンスにいる演奏家とジャズやスタジオの人を別の人種のように考える傾向が未だに残っていますが、そんなのは実はナンセンスなんです。

10曲目はヴィヴァルディの2本のトランペットの為のコンチェルトをブラスバンドににアダプトしたもの。これは2曲目でちょっと名前を出した彼の旧友であるフレッド.ラドキとの共演です。初めて会ってから48年経って一緒にこうして吹けるっていうのは羨ましいですね。

11曲目はアンダーソンの有名な「トランペットの子守唄」ですね。アンダーソンやガーシュインは往々にして「ライト.クラシック」なんていう括りをされますが、二十世紀前半のアメリカの恩学の状況って、例えばマーチングであるとか、ジャズであるとかそうしたものがごった煮のようになっていて、演奏する側には大きな隔たりはなかったのではないかと思えてなりません。20世紀前〜中期のアメリカ音楽には、難解、抽象的になっていくヨーロッパのクラシカルなシーンとは違う良さがあって個人的には好きです。

12曲目は80年代にマイクの為にWarren Bakerによって書かれたオリジナル。ラテン調の曲なので、もっとパーカッションにはイケイケなラテンで行って欲しいのですが、そうならないのがブラスバンドらしいところ。この辺りは日本のバンドとも似てる感じがしますが、メンバーがいわゆるオーセンティックなラテンのパターンを知らないのか、それとも譜面がこうなっているのかはよく分かりません。

13曲目、来ましたアーバン。Yankee Doodleです。途中でマイナーに変わるというお遊びが付いてます。本人も楽しんで吹いているようです。

最後の曲はアメリカ民謡のDanny Boyを持ってきました。ソロでストレートにメロディを謳いあげています。これは彼の師匠でもあったDon Jacobyがクリニックなどでのアンコールで必ずやっていたそうで、マイクはそれを踏襲したようです。

このアルバムはマイクが先人に捧げたオマージュのような作品です。アメリカのプロの人っていうのはクラシカルだろうがスタジオだろうがジャズだろうが、クラークやアーバンのようなエチュードをきちんとやってるものです。多分マイクはジャズとかクラシカルとかに関係なく「ラッパのある音楽」が好きなんですよ。そして上手い人にはジャンルなんて関係ないわけです。

途中でも書きましたが、アメリカの音楽のルーツを考えてみれば、スーザの時代にはマーチがありましたし、ニューオルリンズのジャズの母体はマーチングにありました。案外ルーツは近いところにあるんです。そして今のウィンドアンサンブルの追いかけている現代的なサウンドと、モダンジャズオーケストラの追いかけている音楽は、フォーマットの違いこそあれ、実は案外近い所にあります。ドラムのあるなしのような楽器の構成の違いやグルーブの有る無しを除けば、今のモダンなウィンドアンサンブルとジャズオーケストラのやっている音楽というのは和声などでは結構共通項があるものなのです。だから、管楽器で音楽をやるっていう立ち位置で考えると、ジャンルで壁を作ることっていうのは実に勿体ない事だと思います。この作品をきっかけにして、マイクが参加しているジャズのアルバムも聞いて頂けたらなぁ、とも思います。私は年に一回くらいしか吹奏楽というフォーマットでは吹かないのですが、これを聴いたら久しぶりに吹きたくなってきました。

(2008年12月 辰巳哲也)

この商品をご注文された方は、以下のような商品も同時に購入されています
アルタイル
バーデン・ビュルテンベルク警察音楽隊
税込参考会員価格:2309
おまかせ発送で送料無料
プロクラメーションズ
アメリカ空軍ヘリテージ・オブ・アメリカバンド
税込参考会員価格:2257
おまかせ発送で送料無料
日本人作曲家吹奏楽レパートリー第2集:
広瀬勇人作品集「ダビデの栄光」

オランダ王立陸軍ヨハン・ヴィレム・フリソ軍楽隊
税込参考会員価格:2309
おまかせ発送で送料無料
たなばた&スライダーズ・ミックス:
「親子ふれあいコンサート2008」ライブCD

おけいはんウィンドオーケストラ
税込販売価格:1543
購入金額合計が1501円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
カテドラル
ライプツィヒ放送吹奏楽団
税込参考会員価格:2309
おまかせ発送で送料無料
ケープホーン
ドイツ陸軍軍楽隊
税込参考会員価格:2667
おまかせ発送で送料無料
Kendor/Doug Beach ビッグバンド楽譜セレクション2008
税込販売価格:540
購入金額合計が1501円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
Belwin Jazz:
Music for Jazz Ensemble 2008

オンライン・カタログ
 
Topsy
編曲: John Berry
税込フェア価格:6998
おまかせ発送で送料無料
 
Secret Love
作曲: Sammy Fain
編曲: Greg Yasinitsky

税込フェア価格:7468
おまかせ発送で送料無料
Fascinatin' Rhythm
Rob Parton's Jazztech Big Band

税込販売価格:2484
おまかせ発送で送料無料
Walrus Music Publishing Demo CD 2007 (No. 14)
Mt. Hood Community College, 他

オンライン・カタログ
 
Stars and Stripes Forever
作曲: John Philip Sousa
編曲: Wycliffe Gordon

税込フェア価格:8083
おまかせ発送で送料無料
Dave's Favorites Vol. 1
石川ジャズオーケストラ “ピラミッド”

税込販売価格:972
購入金額合計が1501円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
 
R U Chicken
Kris Berg
税込フェア価格:8083
おまかせ発送で送料無料
Shuffling Shuffle
編曲: 角田 健一
税込販売価格:10800
おまかせ発送で送料無料


代金のお支払い方法
以下の内容は一般的なものであり、上記商品に当てはまらない場合もございます
クレジットカード(推奨)

ご利用いただけるのは、以下のカードです
 

ゼウス社の極めて安全なセキュアサーバー上でクレジットカード番号を入力しカード決済を行う方法です。当店推奨のお支払い方法です。支払回数は1回のみとなります。

本人名義のカードがご利用いただけます。親のカード、配偶者のカードなど、他人のカードはご利用いただけません。

後払い(コンビニエンスストア・銀行)
後払い決済サービス「アトディーネ」

■このお支払方法の詳細

  • ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社が提供する後払い決済サービスです。
  • 購入商品の到着を確認してから、コンビニエンスストア・金融機関で後払いできる安心・簡単な決済方法です。
  • 請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払い下さい。

■ご注意

  • 後払い決済手数料:
    商品代金が税別1,000円以下の場合 162円(税込)
    商品代金が税別1,001円以上3,000円以下の場合 108円(税込)
    商品代金が税別3,001円以上の場合 無料
  • ご利用限度額:累計残高で54,000円(税込)迄(他店舗含む)
  • お客様は上記バナーをクリックし「注意事項」に記載の内容をご確認・ご承諾の上、 本サービスのお申し込みを行うものとします。
  • 19歳未満のお客様は保護者の了承が必要となります(当店独自のルールです)。
代金引換

■このお支払方法の詳細

  • ヤマト運輸のコレクト便で発送をします
  • 宅急便代を含むご利用手数料が商品代金の税別合計が1万円までの場合864円(税込)、10,001〜15,000円の場合324円(税込)かかります。ただし、商品代金の税別合計が15,001円以上の場合、ご利用手数料は無料になります。

■ご利用可能なお支払い方法

  • 現金
  •  
  • 電子マネー(nanaco/Edy/WAON/交通系電子マネー)
    電子マネー
    交通系電子マネー
  •  
  • クレジットカード/デビッドカード(キャッシュカード)
    クレジットカード
  • カードはご注文者ご自身のカードのみご利用いただけます
  • クレジットカード利用の場合は、1回払い以外に、24回までの分割およびリボ払いをご指定いただけます (カード会社の規定による分割手数料が別途発生します。 またカード会社によりご利用いただけない場合もございます。詳しくは配達員にお尋ね下さい。)
  • 19歳未満のお客様は保護者の了承が必要となります。
  • 受け取り拒否や、そのほかの諸事情で再発送になる場合、再発送手数料として1890円をお申し付けさせていただきます。 この料金の内訳は、ヤマト運輸から当店に返品される際の宅急便代実費、および再発送のための宅急便代実費の合計です。 これに同意されず、荷物の再発送の受け取りを拒否された場合、大変申し訳ございませんが、 以降の代金引換での発送は一切お断りさせていただきますので、ご了承の程お願い申し上げます。
  • 正当な理由無く受け取り拒否をされましても、それを以て売買契約の解除には法的にもなりませんのでご注意下さい。もし正当な理由無く受け取り拒否をされた場合は、最低でも往復の送料の実費、当店における人件費、および在庫品で無い場合は取りよせにかかった実費をご請求させて頂きます。また、それにも応じて頂けない場合は法的措置をとらせて頂きます。
銀行振込/郵便振替(前払)
  • 上記のお支払い方法をご利用いただけない場合は、銀行振り込み、もしくは郵便振替による前払いでのお支払いをお受けいたします。
  • 振り込み手数料はお客様負担となります。
  • 商品が絶版や廃盤などでお届けが不可能になったり、お客様都合でキャンセルをされた場合、銀行振り込みにより代金の返金をいたしますが、お客様都合の場合は返金手数料(代金3万円未満の場合216円、3万円以上の場合432円)を差し引かせていただきます。
  • 返金の際、お客様がご入金時にかかった振り込み手数料のご返金はいたしかねます。

[参考] 平成29年1月〜平成29年12月の1年間のお支払い方法のご利用比率は、以下の通りでした

送付手数料と発送方法

会員区分 商品代金(本体・税別)

発送方法が
「おまかせ」で
支払い方法が
「代金引換」
でない場合

発送方法が
「宅急便」で
支払い方法が
「代金引換」
でない場合

支払い方法が
「代金引換(コレクト便)」
の場合
時間指定:可能な場合あり 時間指定:可能 時間指定:可能
すべての会員様
FAX注文
0円
540円
540円
864
1円〜1,500円


216円

1,501〜5,000円

無料
5,001円〜10,000円
324円
10,001〜15,000円

無料
324
15,001円以上


無料

発送にかかる日数の目安

発送方法 北海道、東北、中国、四国、九州、沖縄 それ以外
ヤマト運輸の宅急便・コレクト便
レターパックプラス/ライト(郵便小包)
2日 翌日
ヤマト運輸のネコポス便
  • 北海道、青森県、秋田県、伊豆諸島(下記の一部を除く)、和歌山県、中国、四国、九州、沖縄・・・翌々日(3日目)の配達
  • 青ヶ島、対馬市、奄美市宇、大島郡、その他の離島・・・4-6日目の配達
  • 小笠原諸島・・・4-11日目の配達
  • それ以外の地域・・・翌日配達(京都府、奈良県、兵庫県の一部の地域のみ翌々日)

クレジットカードでお支払いの場合についての追記

代金引換によるお支払いに関して

※平成26年4月1日より一部変更の上適用

ご注文に対するキャンセルと返品/返金
商品発送前のキャンセルに関する規定

お客様のご都合によるキャンセル

お客様のご都合によるキャンセルで、すでにご入金をいただいている場合の返金

ミュージックストア・ジェイ・ピーの都合によるキャンセル

前払いで未入金のお客様へ

商品発送後の返品に関する規定

楽譜の場合

CDの場合

ミュージックストア・ジェイ・ピーのミスで違う楽譜や破損CDをお届けしてしまった場合は、もちろん返品に応じます。


[前のページへ戻る]