Monday Night Live at the Village Vanguard(2枚組) | The Vanguard Jazz Orchestra | ビッグバンド | CD | Planet Arts 105084 | ミュージックストア・ジェイ・ピー

▲TOPへ

サイトマップ

注文番号:
053790

ただいまの時間、ネットショッピングとFAX注文をご利用いただけます。
お電話でのご注文の受付時間は、営業日の10時〜15時です。

Monday Night Live at the Village Vanguard(2枚組)

2009年グラミー賞受賞アルバム
商品カテゴリ
ビッグバンド / CD

演奏
The Vanguard Jazz Orchestra

レーベルと品番
Planet Arts 105084

リリース年
2008年

おすすめ度
★★★

利用可能なお支払方法
    

この商品は当店での販売を終了いたしましたので、商品情報だけを掲載しています。ご注文頂けませんのでご了承下さいませ。

商品コメント

2008年3月10日に他界されたVJOのベーシスト、Dennis Irwinに捧げられたアルバム。タイトルの通りNYのヴィレッジ・ヴァンガードで2008年2月10-11日に行われたライブの録音。Thad Jonesの曲を中心に添え、Bob BrookmeyerのアレンジやJim McNeeleyの曲を散りばめ、これぞVJOを聞かせてくれる好アルバムに仕上がっている。

参加アーティスト

Saxophones: Dick Oatts, Billy Drewers, Rich Perry, Ralph Lalama, Gary Smulyan
Trumpets: Nick Marchione, Frank Greene, Terell Stanford, Scott Wendhalt
Trombones: John Mossa, Luis Bonilla, Jason jackson, Douglas Purviance
Rhythm: Jim McNeely (piano), John Riley (drums), Phil Palombi (bass)

収録曲

1. Mean What You Say
[ Thad Jones ] ( 8:49 )
2. Say It Softly
[ Thad Jones ] ( 6:51 )
3. St. Louis Blues
[ ウィリアム・C・ハンディ ( William C. Handy ) / arr. Bob Brookmeyer ] ( 15:50 )
4. Body and Soul
[ Heyma, Sour, Eyton and Green / arr. Jerry Dodgion ] ( 7:09 )
5. Mornin Reverend
[ Thad Jones ] ( 5:00 )
6. Las Cucarachos Entran
[ Jim McNeely ] ( 10:07 )
7. Willow Tree
[ Fats Waller / arr. Bob Brookmeyer ] ( 7:06 )
8. Don't You Worry 'Bout a Thing
[ Stevie Wonder / arr. Thad Jones ] ( 4:08 )
9. Kids are Pretty People
[ Thad Jones ] ( 8:57 )
10. The Waltz You Swang for Me
[ Thad Jones ] ( 5:57 )
11. Little Rascal on a Rock
[ Thad Jones ] ( 12:09 )


関連情報
Up From The Skies, Music of Jim McNeely
The Vanguard Jazz Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
The Way:
Music of Slide Hampton

The Vanguard Jazz Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
Can I Persuade You?
The Vanguard Jazz Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
Thad Jones Legacy
The Vanguard Jazz Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
Lickety Split (CD-R)
The Vanguard Jazz Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料

The Vanguard Jazz Orchestra。1965年にThad Jones-Mel Lewis Jazz Orchestraとして発足し、1978年にサドが渡欧したためにメル.ルイスがバンドを引き継ぎ、1990年にメルが亡くなってから現在のバンド名になり今尚ヴァンガードの毎週月曜日に行けば聴くことの出来る奇蹟のようなバンドです。このバンドの素晴らしいところはメンバー全員の結束の強さ。まるで家族のようなのだ。ベイシーバンドもそういう感じだったが、こういう気質が残っていることもまた奇跡的なことだと思います。このバンドでのメンバーのサドとメルが残した数多くのレパートリーに対するリスペクトがこのバンドを一つにする絆になっているのだと思います。このアルバムは去年惜しくも亡くなったベースのデニス.アーウィンに捧げられていますが、こうしたところにもこのバンドの暖かさが出ている気がします。

バンドが今の名前になってからも定期的にアルバムは出していましたが、今回の二枚組のライブアルバムには大きな意味があります。それはアール.ガードナーが脱退して最初のアルバムであることです。このバンドは管楽器のリード奏者であるアール.ガードナー、ジョン.モスカ、ディック.オーツの三人が二十年以上に渡って不動だったというビッグバンド史で見ても稀なチームだったのですが、彼が脱退した「今のVJOはこれだ!」という宣言のようなアルバムなのです。その意気込みがサドの譜面が大半だという今回の選曲に出ている気がします。「俺達はこれからもこうやって続けて行くんだよ」ってね。

メンバーの並びを見てみると、ラッパセクションが総入れ替えになっています。リードのNick Marchione(何て読むのかな、ニック.マーチオンで良い?)は全く知らないのですが、最近時々名前を見るFrank Greenが2番件サブリードで、テレル.スタッフォードとスコット.ウェンホルトという実績豊かなソリストで固められています。デニスの後任のPhil Polombi氏も初めて見る名前ですが、メンバーの眼鏡に適ったということは間違いないでしょう。

ざっくり音を聴いてみると、リードラッパが替わったことで、善くも悪くもラッパセクションは譜面通りになっています。あのアール.ガードナーの歌い回しがあってこそのこのバンドっていう人も多いかもしれません。私もそうですから(笑)。でも考えてみれば初期のサドメルの頃はみんな譜面通りに行ってたわけで、これはこれで良いのだ、と納得することにしました。

オープニングはMean What You Say。出だしのリズムセクションが出た時点でもう安心。個人的にはドラムセットの皮ものっていうかタムとかスネアとかバスドラがやや前に出てるような印象があるのですが、これは多分マイクの立ち方とエンジニアの好みでしょう。ジョン.ライリーのシンバルワークはシンバルのチョイスも含めて明らかにメルのそれを意識したものです。ラッパのスコットは90年代のマリア.シュナイダーとかVJOで沢山見ましたが、この人こんなに線の細い感じだったかなぁ、という印象があります。勿論上手いんだけど、このテイクは本人納得してないかも。で、ラッパ隊はアールみたいにグイグイ引っ張る感じではないものの細かいニュアンスまでバッチリ揃ってて悪くないです(当たり前か)。ラッパ隊だけ総取っ替えで世代的に若くなっててややヤンチャな部分も窺えます。相対的にサックス隊がオヤジの貫禄みたいなところがあるかな(笑)。

2曲目はSay it softly。テレル.スタッフォード、貫禄です。90年代後半に出て来た人ってウィントンのエピゴーネンみたいではないけど上手い人が多いのに、余り日本には情報が入ってきませんが、この人なんかそういうのの最右翼でしょう。リードラッパはアールみたいに引っ張るというよりはアンサンブルの最上部にちょこんと乗っかるような感じですね。セクションのアンサンブルのバランスを考えるとこれでいいような気もしますが、ファディスやバージェロンみたいなタイプのああいうリードに慣れているとちょっと物足りなく聴こえるかもしれないですね。

3曲目はSt. Louis Blues。 アレンジはBob Brookmeyer。世間の評論家の人達はジャズをイーストコーストだとかウエストコーストとか分けたがるけど、メルは50年代のケントンだったし、ボブはジミー.ジュフリーのトリオにもいた訳で、その意味ではウエストの人だが、これはNYCの音だ。そういう分類は知らない人に先入観を植え付けるし実に邪魔。トロンボーンのルイス.ボニーラは近年のNYCのビッグバンドシーンの人気者ですね。私も色々な所で見ました。ソロを聴けば納得です。

4曲目はジェリー.ダジォンのアレンジのBody and Soul。ゲイリー.スマリアンの独り舞台!。バリトンサックスをやる人って、スコット.ロビンソンみたいにマルチリードで行く人とバリトン一本槍な人に分かれますが、このバンドはペッパー.アダムスもそうですが、基本的に一本槍の人が座ることになってる感じですよね。ゴツゴツして男臭くて素晴らしいです。

5曲目はMornin Reverend。今度はラルフ.ララマの独壇場!この人は小難しいことは一切しないんだけどいいんだよなぁ。こういう鷹揚としたプレイヤーって実は案外貴重な存在ですね。NYCでジャムセッションの彼がホストやってるときに遊びに行ったけど、人柄がプレイそのまんまだった記憶があります。ここまで1枚目。

2枚目はジム.マクニーリーのLas Cucarachas entranでスタート。ラテンなノリですが、この人とかミンツァーのラテンってオーセンティックなラテンと比較するとビミョーな部分があってりするんですよね。でもどラテンにならないところがこのバンドらしいと言えば言えないこともない(笑)。しかしマクニーリーの曲のコード進行ってのはフk雑なのが多いなぁ。そしてこういうときのテナーソロはリッチ.ペリーなのであります。この人、ベテランですが、マリア、シュナイダーとの掛け持ちだった気がします。後はディック.オーツとビリー.ドリューズのソプラノバトル。実はソプラノバトルっていうのはVJOくらいしかやらない気がします。ブルックマイヤーのDing Dong Dingとかもそうでしたね。

続いてはブルックマイヤーのアレンジのWillow Tree。この人のクラスターな和声の積み方、ってカッコいいんだよなぁ。リニア.アレンジメントの祖はビル.ホルマンなんだけどボブはビルと近い所にいたし、サドもリニアに書く人なんだけど、サドとは違うモダンさがあるんだよなぁ。ソロは新加入のベーシストPhil Palombiとテレル.スタッフォード。ちなみにこの2曲、1枚目とリードラッパの音色や馬力が少し違います。もしかしてこっちはFrank Greenが吹いてるのかなぁ?だとしたら個人的にはこっちの方が好みだなぁ。

3曲目はスティービーのDon't worry 'bout a thing。アレンジはサド。へー、こんなのあったんだ。私は70年代のサドメルをほとんど持っていないのでこれがカコに録音されたものかは知らないのです。ディック.オーツのソロで案外あっさり終わっちゃいます。

4曲目はKid's are pretty people。ソロはジョン.モスカとラッパのスコットとテレルの三人。ジョン.モスカの長尺のソロ聴くの久しぶりだなぁ。エンディングのテレルのプランジャーも強力だし。アンサンブルのイントネーションもばっちり揃ってて、ラッパが総入れ替えになった違和感みたいなのはないです。アールみたいな歌い回しを除けばね(笑)。

5曲目はThe waltz you swang for me。トロンボーンのJason Jacksonは最近良く名前を見かける人です。来年年明けのチャールス.トリヴァー.ビッグバンドでも来るので楽しみな人です。もう一人のソロはソプラノのビリー.ドリューズ。確かラッパのグレン.ドリューズと兄弟だったと思うのですが、この人ももうこのポジションで10年以上ですよね。ていうかサックス隊は全員在籍年数が10年を越えている気がします。

でもってシメはLittle Rascal on a Rock。サド.ジョーンズのアレンジメントの極地みたいなのを持ってきました。サドの譜面って内声のパートが難しいんですよね。この人のアレンジでは内声を吹く楽しさっていうのを沢山教えてもらいました。こういう譜面を毎週吹けるという素晴らしい特権を持ったビッグバンドに参加できるっていうのは本当に楽しいことなんだろうなぁ、と音を聴いてて思いました。

このアルバムはガードナー、モスカ、オーツ、というセクションリードの時代は終わったけれど、ずっとこの音楽は守るんだよ、っていう決意声明みたいなアルバムだと思います。 だからこそヴァンガードで録音したのだろうと。しかも永らく録音していなかったものばかり。

それにしても、今までのヴァンガードの録音だと大抵グラスの音とか聴こえてて、それがまたなんとも言えないライブ感を醸成していたのですが、今回の録音では演奏中は実に静かです。ヴァンガードも禁煙になって久しいようですし、聴衆の方に時代の変化を感じました。漏れ聞く所によると、このアルバムは今年のグラミーの最終選考に残っているようです。グラミー取れるかどうかは微妙ですが、こうしたものがきちんと評価される向こうの音楽業界は健全だなぁ、と思います。

(2008年12月 辰巳哲也)

この商品をご注文された方は、以下のような商品も同時に購入されています
The Way:
Music of Slide Hampton

The Vanguard Jazz Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
ヨーロピアン・ブラスバンド・チャンピオンシップス2009 ハイライト(DVD-PAL方式)
various
税込参考会員価格:5130
おまかせ発送で送料無料
ディブ・シーベルズ with ゴードン・グッドウィンズ・ビッグ・ファット・バンド
Dave Siebels with Gordon Goodwin's Big Phat Band
税込販売価格:540
購入金額合計が1501円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
Up From The Skies, Music of Jim McNeely
The Vanguard Jazz Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
Golden Age Of The March - Volume 1
ワシントン・ウインズ
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
スッキリ収納君(100セット入り)
税込販売価格:2700
おまかせ発送で送料無料
我らの音楽:
吹奏楽ベストセレクション

税込参考会員価格:2667
おまかせ発送で送料無料
On the Sammy Side of the Street
Sammy Nestico Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
アンダー・ザ・スペル・オブ・スペイン
スーパーブラス
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
Forever Lasting - Live in Tokyo(2枚組)
The Vanguard Jazz Orchestra
税込販売価格:3085
おまかせ発送で送料無料
Buddy Rich Memorial Concert 2008(3枚組)
Tommy Igoe、John Blackwell(元Prince)、Nich Rich(Buddy Richの孫)、Terry Bozzio(元Frank Zappa)、Peter Erskine(Weather Report)、Chad Smith(Red Hot Chili Peppers)、Neil Peart(Rush)
税込参考会員価格:4104
おまかせ発送で送料無料
Hal Leonard Jazz Ensemble 2009
オンライン・カタログ
ハーコン善王のサガ
名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ
税込参考会員価格:2309
おまかせ発送で送料無料
Walrus Music Publishing Demo CD 2009 (No. 16)
Kutztown University of Pennsylvania Jazz Band
オンライン・カタログ


代金のお支払い方法
以下の内容は一般的なものであり、上記商品に当てはまらない場合もございます
クレジットカード(推奨)

ご利用いただけるのは、以下のカードです
 

ゼウス社の極めて安全なセキュアサーバー上でクレジットカード番号を入力しカード決済を行う方法です。当店推奨のお支払い方法です。支払回数は1回のみとなります。

本人名義のカードがご利用いただけます。親のカード、配偶者のカードなど、他人のカードはご利用いただけません。

後払い(コンビニエンスストア・銀行)
後払い決済サービス「アトディーネ」

■このお支払方法の詳細

  • ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社が提供する後払い決済サービスです。
  • 購入商品の到着を確認してから、コンビニエンスストア・金融機関で後払いできる安心・簡単な決済方法です。
  • 請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払い下さい。

■ご注意

  • 後払い決済手数料:
    商品代金が税別1,000円以下の場合 162円(税込)
    商品代金が税別1,001円以上3,000円以下の場合 108円(税込)
    商品代金が税別3,001円以上の場合 無料
  • ご利用限度額:累計残高で54,000円(税込)迄(他店舗含む)
  • お客様は上記バナーをクリックし「注意事項」に記載の内容をご確認・ご承諾の上、 本サービスのお申し込みを行うものとします。
  • 19歳未満のお客様は保護者の了承が必要となります(当店独自のルールです)。
代金引換

■このお支払方法の詳細

  • ヤマト運輸のコレクト便で発送をします
  • 宅急便代を含むご利用手数料が商品代金の税別合計が1万円までの場合864円(税込)、10,001〜15,000円の場合324円(税込)かかります。ただし、商品代金の税別合計が15,001円以上の場合、ご利用手数料は無料になります。

■ご利用可能なお支払い方法

  • 現金
  •  
  • 電子マネー(nanaco/Edy/WAON/交通系電子マネー)
    電子マネー
    交通系電子マネー
  •  
  • クレジットカード/デビッドカード(キャッシュカード)
    クレジットカード
  • カードはご注文者ご自身のカードのみご利用いただけます
  • クレジットカード利用の場合は、1回払い以外に、24回までの分割およびリボ払いをご指定いただけます (カード会社の規定による分割手数料が別途発生します。 またカード会社によりご利用いただけない場合もございます。詳しくは配達員にお尋ね下さい。)
  • 19歳未満のお客様は保護者の了承が必要となります。
  • 受け取り拒否や、そのほかの諸事情で再発送になる場合、再発送手数料として1890円をお申し付けさせていただきます。 この料金の内訳は、ヤマト運輸から当店に返品される際の宅急便代実費、および再発送のための宅急便代実費の合計です。 これに同意されず、荷物の再発送の受け取りを拒否された場合、大変申し訳ございませんが、 以降の代金引換での発送は一切お断りさせていただきますので、ご了承の程お願い申し上げます。
  • 正当な理由無く受け取り拒否をされましても、それを以て売買契約の解除には法的にもなりませんのでご注意下さい。もし正当な理由無く受け取り拒否をされた場合は、最低でも往復の送料の実費、当店における人件費、および在庫品で無い場合は取りよせにかかった実費をご請求させて頂きます。また、それにも応じて頂けない場合は法的措置をとらせて頂きます。
銀行振込/郵便振替(前払)
  • 上記のお支払い方法をご利用いただけない場合は、銀行振り込み、もしくは郵便振替による前払いでのお支払いをお受けいたします。
  • 振り込み手数料はお客様負担となります。
  • 商品が絶版や廃盤などでお届けが不可能になったり、お客様都合でキャンセルをされた場合、銀行振り込みにより代金の返金をいたしますが、お客様都合の場合は返金手数料(代金3万円未満の場合216円、3万円以上の場合432円)を差し引かせていただきます。
  • 返金の際、お客様がご入金時にかかった振り込み手数料のご返金はいたしかねます。

[参考] 平成29年1月〜平成29年12月の1年間のお支払い方法のご利用比率は、以下の通りでした

送付手数料と発送方法

会員区分 商品代金(本体・税別)

発送方法が
「おまかせ」で
支払い方法が
「代金引換」
でない場合

発送方法が
「宅急便」で
支払い方法が
「代金引換」
でない場合

支払い方法が
「代金引換(コレクト便)」
の場合
時間指定:可能な場合あり 時間指定:可能 時間指定:可能
すべての会員様
FAX注文
0円
540円
540円
864
1円〜1,500円


216円

1,501〜5,000円

無料
5,001円〜10,000円
324円
10,001〜15,000円

無料
324
15,001円以上


無料

発送にかかる日数の目安

発送方法 北海道、東北、中国、四国、九州、沖縄 それ以外
ヤマト運輸の宅急便・コレクト便
レターパックプラス/ライト(郵便小包)
2日 翌日
ヤマト運輸のネコポス便
  • 北海道、青森県、秋田県、伊豆諸島(下記の一部を除く)、和歌山県、中国、四国、九州、沖縄・・・翌々日(3日目)の配達
  • 青ヶ島、対馬市、奄美市宇、大島郡、その他の離島・・・4-6日目の配達
  • 小笠原諸島・・・4-11日目の配達
  • それ以外の地域・・・翌日配達(京都府、奈良県、兵庫県の一部の地域のみ翌々日)

クレジットカードでお支払いの場合についての追記

代金引換によるお支払いに関して

※平成26年4月1日より一部変更の上適用

ご注文に対するキャンセルと返品/返金
商品発送前のキャンセルに関する規定

お客様のご都合によるキャンセル

お客様のご都合によるキャンセルで、すでにご入金をいただいている場合の返金

ミュージックストア・ジェイ・ピーの都合によるキャンセル

前払いで未入金のお客様へ

商品発送後の返品に関する規定

楽譜の場合

CDの場合

ミュージックストア・ジェイ・ピーのミスで違う楽譜や破損CDをお届けしてしまった場合は、もちろん返品に応じます。


[前のページへ戻る]