Words Cannot Express | Vince Norman | Joe McCarthy Big Band | ビッグバンド | CD | OA2 Records 22035 | ミュージックストア・ジェイ・ピー

▲TOPへ

サイトマップ

注文番号:
049122

ただいまの時間、ネットショッピングとFAX注文をご利用いただけます。
お電話でのご注文の受付時間は、営業日の10時〜15時です。

Words Cannot Express

商品カテゴリ
ビッグバンド / CD

演奏
Vince Norman / Joe McCarthy Big Band

レーベルと品番
OA2 Records 22035

リリース年
2007年

おすすめ度
★★

利用可能なお支払方法
    

この商品は当店での販売を終了いたしましたので、商品情報だけを掲載しています。ご注文頂けませんのでご了承下さいませ。

商品コメント

ドラマーのJoe McCarthyとピアニストでサックス奏者でもあるVince Normanの双頭ビッグバンドの処女作。1曲目のTadd's Delightでピッコロ入りの気持ちの良いビッグバンド・サウンドで聞く側の心をつかみます。全10曲中3曲がビッグバンドではなくセクステットですが、ここではVince Normanがサックスやバスクラリネットを演奏し、マルチタレントぶりを発揮。ビッグバンド・アレンジは少々薄めのサウンドですが、その分さらりと聞き流すことが出来ます。

参加アーティスト

[Saxophones] Steve Williams, Andy Axelrad, Tedd Baker, Ben Bokor, Fred Wolfe
[Piccolo] Sarah Eckman
[Trumpets] Paul Stephens, Paul Armstrong, Nick Cooper, Tim Stanley, Greg Reese
[Trombones] Ben Patterson, Chris Buckholz, Jeff Martin, Major Bailey
[Rhythm] Jeff Reecer (guitar), Vince Norman (piano), Max Murry (bass), Joe McCarthy (drums)
(トラック3,6,7のみ・セクステット)
Vince Norman (saxophone, clarinet), Tim Stanley (trumpet), Harry Appleman (piano), Gary Malvaso (guitar), Max Murry (bass), Joe McCarthy(drums)

収録曲

1. Tadd s Delight
[ Tadd Dameron ] ( 5:27 )
2. South of Capricorn
[ Clyde Connor and Vince Norman ] ( 6:59 )
3. Remember Me When...
[ Vince Norman ] ( 6:24 )
4. Words Cannot Express
[ Vince Norman ] ( 5:16 )
5. Where's My Hasenpfeffer?
[ Vince Norman ] ( 6:20 )
6. El Otono
[ Vince Norman ] ( 6:14 )
7. Voo Zsa Day
[ Vince Norman ] ( 4:31 )
8. Suite Baby Ray: I Left My Baby in Baltimore
[ Vince Norman ] ( 6:26 )
9. Suite Baby Ray: Back to Bayview
[ Vince Norman ] ( 6:21 )
10. Suite Baby Ray: Coming Home
[ Vince Norman ] ( 4:50 )


関連情報
Bright Future
Vince Norman / Joe McCarthy Big Band
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料

日本に入って来るジャズの情報というのは大半がニューヨークとロスからのものですが、それ以外にも当然のことながら米国全土で様々なシーンがあります。という話を冒頭に持って来たと言うことは、つまり、このヴィンス・ノーマン/ジョー・マッカーシーのビッグバンドはニューヨークやロスのバンドではありません。このバンドは、アメリカ南東部、ヴァージニア州のバンドです。ライナーをドラムスのジョン・ライリーが書いているとはいえ、参加しているミュージシャンの事前情報ゼロです。ヴィンス・ノーマンはピアノと木管楽器を操るマルチなプレイヤー/コンポーザー/アレンジャーであり、コ・リーダーのジョー・マッカーシーがドラマーです。10トラックのうち、セクステットのトラックが3曲あり、ヴィンスはビッグバンドではピアノを、コンボではサックス類を吹いています。

1曲目の「Taddis Delight」はタッド・ダメロンの名曲です。タッドはビバップ期の最も著名な作曲家の一人であり、常に「美しいこと」を求めていた人ですが、オープナーに自作曲を持って来ずにタッドの曲を持って来たということでヴィンス・ノーマンの音楽の指向性が窺えます。それは原曲に忠実なアレンジからも感じられます。テーマでのピッコロのユニゾンがかわいらしいです。ベースが、アコースティックベースだったらもっといいのにと思います。

2曲目の「South of Capricorn」はオリジナル。8ビート系でかなりモダンな感じの曲です。コード進行が相当複雑でカッコイイです。ダメロンとは大分キャラクターが違うとは言え、ヴィンスの音楽の核には「美しい」ということがあるのだと推測できます。ここでは多分5弦のエレクトリックベース使ってますが、これがサウンドのモダンさに一役買ってます。アコースティックベースとエレクトリックベースは別の楽器なので、こうした使い分けはとっても大事だと思います。

3曲目の「Remember Me When...」はセクステットでのトラック。2管でギター入りのリズム隊という編成です。ヴィンスの曲のコードはツー・ファイヴ的なものをかなりひねってくるタイプなんだけど、個人的には結構こういうの好きです。曲中で3/4に変化したりと、仕掛けもいろいろあります。

4曲目の「Words Cannot Express」はタイトルトラック。直訳すれば「言葉では説明できない」ですが、この言葉には非常に共感を覚えます。私はこうして紹介文を書いているけど、これはあくまで私の主観に過ぎなくて、感じ方は人それぞれだし。ポップスやロックなんかの「歌詞」のある音楽が好きっていうのは実は音楽ではなくその歌詞、すなわち言葉に惹かれているなんてことが大半だったりするわけで。マイルスは“music speaks by itself”みたいなことを言ったけど、最終的にはそういうことなんだよなぁ。良いバラードだと思います。

5曲目の「Where's My Hasenpfeffer?」はブルースです。ここまで聴いて来て、個人的にはヴィンスの和声のセンスは結構好きなんですが、どうしても自分の耳にはソリストに少し物足りなさを感じます。これはこうしたローカルのバンドのある意味限界のようなものです。ゲストでソリストを呼ぶとかするとかなり印象が変わるのではないかと思います。

6曲目の「El Otono」はコンボでの演奏。ここでのギターの使い方はいわゆるレス・ブラウン・スタイルの応用ですね。ギターと管をユニゾンさせるとギターのハーモニクスが立って面白いサウンドが得られるのですが、これはそういう効果がきちんと出てます。

7曲目の「Voo Zsa Day」はコンボでトランペットが抜けてます。循環をひねっていて、ギターとサックスのウネウネしたユニゾンのラインのサウンドは今まで聴いてきたトラックとはかなり異質でモダンです。一瞬ジョンスコとロヴァーノのチームが頭に浮かびました。

8〜10曲目の「Suite Baby Ray」は組曲になっています。タイトルの流れを見るに、ヴィンスがボルチモア時代に見つけた彼女をヴァージニアに連れて来たというエピソードなのでしょうか。8曲目の「I Left My Baby in Baltimore」は少しラテンなフレイヴァーがあります。今まで双頭リーダーのジョー・マッカーシーのことを書いていませんでしたが、この人の前に出過ぎない感じのプレイには非常に好感が持てます。サイトを覗いてみたら、ドラムだけでなくパーカッション全般をジャンル関係無しにできる人のようです。思うに、「自分が自分が」って叩くのではなくて、バンドの色彩感を与えるということをきちんと理解しているのだなぁという感じを受けます。

9曲目の「Back to Bayview」はツー・スリーのラテンクラーベに乗った曲です。ドラムスとパーカッションで多少オーバーダブしてるかもしれません。

10曲目の「Coming Home」はストレイトアヘッドな曲想。アップテンポでなかなかにカッコイイ曲です。エンディングが割とあっさりしてるので、CDのエンディングとしてはちょっと唐突な感じがしましたが、悪くないです。

通して聴いてみて、ヴィンスの作編曲、ハーモニーのセンスは好きです。奇を衒わないし、引き出しいっぱい持ってる感じがします。譜面も決して難解だったり、プレイヤーに過剰な負担を強いるものではないし、もし譜面が入手できるのであれば、やりがいのある面白いものが多いと思います。ただ、1リスナーとしては、どうしても日頃ニューヨークやロスの音に聴き慣れているので、アメリカの地方都市のビッグバンドを聴いているとどうしてもソリストのところで少し見劣りするという印象が否めません。ヨーロッパのビッグバンドによくあるケースですが、個人的にはゲストでフィーチャード・ソロイストを呼んでやった方がおもしろいものができるような気がしますし、そういうフォーマットで是非聴いてみたいと感じさせるポテンシャルが、このバンドにはあると感じました。

(2007年8月 辰巳哲也)

この商品をご注文された方は、以下のような商品も同時に購入されています
Bright Future
Vince Norman / Joe McCarthy Big Band
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
The Real Deal
George Stone (Big Band)
税込参考会員価格:2031
おまかせ発送で送料無料
South Florida Jazz Orchestra
South Florida Jazz Orchestra
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
Intrepid Fox:
Arrangements by Tomohiro Sunada

グローバル・ジャズ・オーケストラ
税込販売価格:1728
おまかせ発送で送料無料
Home of My Heart
Chris Walden Big Band
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
Golden Age Of The March - Volume 1
ワシントン・ウインズ
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
スッキリ収納君(200セット入り)
税込販売価格:5292
おまかせ発送で送料無料
スッキリ収納君(50セット入り)
税込販売価格:1620
購入金額合計が1501円(税別)以上ならおまかせ発送で送料無料
To the Edge
Mark Taylor & The BigBand
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料
ジェイミー・プレイアロング Vol. 24:
メジャー&マイナー (日本語版)

税込フェア価格:3473
おまかせ発送で送料無料
Belwin Jazz:
Music for Jazz Ensemble 2015

オンライン・カタログ

Intrada
デイヴ・スローネーカー・ビッグバンド
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料

This Time / Last Year
Kris Berg & The Metroplexity Big Band
税込参考会員価格:2359
おまかせ発送で送料無料


代金のお支払い方法
以下の内容は一般的なものであり、上記商品に当てはまらない場合もございます
クレジットカード(推奨)

ご利用いただけるのは、以下のカードです
 

ゼウス社の極めて安全なセキュアサーバー上でクレジットカード番号を入力しカード決済を行う方法です。当店推奨のお支払い方法です。支払回数は1回のみとなります。

本人名義のカードがご利用いただけます。親のカード、配偶者のカードなど、他人のカードはご利用いただけません。

後払い(コンビニエンスストア・銀行)
後払い決済サービス「アトディーネ」

■このお支払方法の詳細

  • ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社が提供する後払い決済サービスです。
  • 購入商品の到着を確認してから、コンビニエンスストア・金融機関で後払いできる安心・簡単な決済方法です。
  • 請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払い下さい。

■ご注意

  • 後払い決済手数料:
    商品代金が税別1,000円以下の場合 162円(税込)
    商品代金が税別1,001円以上3,000円以下の場合 108円(税込)
    商品代金が税別3,001円以上の場合 無料
  • ご利用限度額:累計残高で54,000円(税込)迄(他店舗含む)
  • お客様は上記バナーをクリックし「注意事項」に記載の内容をご確認・ご承諾の上、 本サービスのお申し込みを行うものとします。
  • 19歳未満のお客様は保護者の了承が必要となります(当店独自のルールです)。
代金引換

■このお支払方法の詳細

  • ヤマト運輸のコレクト便で発送をします
  • 宅急便代を含むご利用手数料が商品代金の税別合計が1万円までの場合864円(税込)、10,001〜15,000円の場合324円(税込)かかります。ただし、商品代金の税別合計が15,001円以上の場合、ご利用手数料は無料になります。

■ご利用可能なお支払い方法

  • 現金
  •  
  • 電子マネー(nanaco/Edy/WAON/交通系電子マネー)
    電子マネー
    交通系電子マネー
  •  
  • クレジットカード/デビッドカード(キャッシュカード)
    クレジットカード
  • カードはご注文者ご自身のカードのみご利用いただけます
  • クレジットカード利用の場合は、1回払い以外に、24回までの分割およびリボ払いをご指定いただけます (カード会社の規定による分割手数料が別途発生します。 またカード会社によりご利用いただけない場合もございます。詳しくは配達員にお尋ね下さい。)
  • 19歳未満のお客様は保護者の了承が必要となります。
  • 受け取り拒否や、そのほかの諸事情で再発送になる場合、再発送手数料として1890円をお申し付けさせていただきます。 この料金の内訳は、ヤマト運輸から当店に返品される際の宅急便代実費、および再発送のための宅急便代実費の合計です。 これに同意されず、荷物の再発送の受け取りを拒否された場合、大変申し訳ございませんが、 以降の代金引換での発送は一切お断りさせていただきますので、ご了承の程お願い申し上げます。
  • 正当な理由無く受け取り拒否をされましても、それを以て売買契約の解除には法的にもなりませんのでご注意下さい。もし正当な理由無く受け取り拒否をされた場合は、最低でも往復の送料の実費、当店における人件費、および在庫品で無い場合は取りよせにかかった実費をご請求させて頂きます。また、それにも応じて頂けない場合は法的措置をとらせて頂きます。
銀行振込/郵便振替(前払)
  • 上記のお支払い方法をご利用いただけない場合は、銀行振り込み、もしくは郵便振替による前払いでのお支払いをお受けいたします。
  • 振り込み手数料はお客様負担となります。
  • 商品が絶版や廃盤などでお届けが不可能になったり、お客様都合でキャンセルをされた場合、銀行振り込みにより代金の返金をいたしますが、お客様都合の場合は返金手数料(代金3万円未満の場合216円、3万円以上の場合432円)を差し引かせていただきます。
  • 返金の際、お客様がご入金時にかかった振り込み手数料のご返金はいたしかねます。

[参考] 平成29年1月〜平成29年12月の1年間のお支払い方法のご利用比率は、以下の通りでした

送付手数料と発送方法

会員区分 商品代金(本体・税別)

発送方法が
「おまかせ」で
支払い方法が
「代金引換」
でない場合

発送方法が
「宅急便」で
支払い方法が
「代金引換」
でない場合

支払い方法が
「代金引換(コレクト便)」
の場合
時間指定:可能な場合あり 時間指定:可能 時間指定:可能
すべての会員様
FAX注文
0円
540円
540円
864
1円〜1,500円


216円

1,501〜5,000円

無料
5,001円〜10,000円
324円
10,001〜15,000円

無料
324
15,001円以上


無料

発送にかかる日数の目安

発送方法 北海道、東北、中国、四国、九州、沖縄 それ以外
ヤマト運輸の宅急便・コレクト便
レターパックプラス/ライト(郵便小包)
2日 翌日
ヤマト運輸のネコポス便
  • 北海道、青森県、秋田県、伊豆諸島(下記の一部を除く)、和歌山県、中国、四国、九州、沖縄・・・翌々日(3日目)の配達
  • 青ヶ島、対馬市、奄美市宇、大島郡、その他の離島・・・4-6日目の配達
  • 小笠原諸島・・・4-11日目の配達
  • それ以外の地域・・・翌日配達(京都府、奈良県、兵庫県の一部の地域のみ翌々日)

クレジットカードでお支払いの場合についての追記

代金引換によるお支払いに関して

※平成26年4月1日より一部変更の上適用

ご注文に対するキャンセルと返品/返金
商品発送前のキャンセルに関する規定

お客様のご都合によるキャンセル

お客様のご都合によるキャンセルで、すでにご入金をいただいている場合の返金

ミュージックストア・ジェイ・ピーの都合によるキャンセル

前払いで未入金のお客様へ

商品発送後の返品に関する規定

楽譜の場合

CDの場合

ミュージックストア・ジェイ・ピーのミスで違う楽譜や破損CDをお届けしてしまった場合は、もちろん返品に応じます。


[前のページへ戻る]