▲TOPへ

サイトマップ

ベル・ミュージック・プレス:ミュージックストア・ジェイ・ピーの出版部門

トップページ / ベル・ミュージック・プレス
有限会社ミュージックストア・ジェイ・ピーの出版部門「ベル・ミュージック・プレス」では、様々なジャンルの楽譜の出版や参考演奏CDのリリースを行っています。
最新ビッグバンド楽譜 / ビッグバンド+ヴォーカル楽譜(発売より3ヶ月以内)
 

作曲: RICHARD M. SCHERMAN ・ ROBERT B. SHERMAN
編曲: 羽毛田耕士

ソロスペース】 2nd Trp, 1st Tenor, 1st Trombone (コードとアドリブサンプルを記譜)
ディズニー映画「ジャングル・ブック」の挿入歌で、2016年に最新作として公開された際にはリトル・グリー・モンスターが日本語で歌ってヒットしたこの曲をアップテンポのスウィングで。途中、リトグリのアレンジのような3管のデキシーの部分もあります。1st Tenorのアドリブはクラリネットやソプラノサックスに持ち替えても良いかも知れません。とてもノリのよりアレンジでキャッチーなメロディーラインはどんな場所での演奏にも合います。

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: 中島みゆき
編曲: 小林充

ソロスペース】 Piano, 2nd Trombone (コード記譜のみ)
中島みゆきの「時代」をドラマティックなジャズ・バラードにアレンジ。冒頭部はしっとりとしたバラードですが、6/8拍子にリズムが変わってからはバラードの中にも激しさを感じ、エンディングはむしろ派手な感じになっています。

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: 服部良一
編曲: 前田憲男

ソロスペース】 1st Tenor (コード記譜のみ)
服部良一の名曲「青い山脈」をトラディッショナルな雰囲気のスウィングで。1st AltoはClarinet(もしくはSoprano Sax)の持ち替えがありますが、持ち替えのないパート譜も用意しています。

[ジャズアンサンブル]
新譜ビッグバンド楽譜 / ビッグバンド+ヴォーカル楽譜(発売前・予約受付中!)
 

作曲: 和泉宏隆
編曲: 三塚知貴

ソロスペース】 Piano (コード記譜のみ)
T-SQUAREの演奏と同じように、アルト・サックスのソロを全面的にフィーチャーしたアレンジ。曲中のアドリブは、ピアノに割り振られています。

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: かまやつひろし
編曲: 宮哲之

ソロスペース】 Sax section (コードとアドリブサンプルを記譜)
ザ・スパイダースの人気曲をスウィングで。サックスがアドリブとソリが大活躍します。

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: 荒井由実
編曲: 赤塚謙一

ソロスペース】 Piano, 1st Alto Sax (コードとアドリブサンプルを記譜)
荒井由実の名曲をボサノバで。ほっこりとしたアレンジは、ライブの激しい曲のあとなどに最適ではないでしょうか。

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: タケカワユキヒデ
編曲: 赤塚謙一

ソロスペース】 オープン (コードとアドリブサンプルを記譜)
原曲に忠実な8ビートですが、ピンポイントで入るスウィングがイカしています。ソロ部分はオープンですが、Alto〜Trumpet〜Tromboneの3回の繰り返しを推奨しており、ソロ・ガイドも付属しています。

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: 桑田佳祐
編曲: 金山徹

ソロスペース】 1st Trombone, 1st Tenor Sax (コード記譜のみ)
ノリにノッた8ビートはアレンジャーの金山徹の真骨頂!骨までシビれるかっこよさです。

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: 川口真
編曲: 羽毛田耕士

ソロスペース】 2nd Trumpet, 1st Tenor Sax (コードとアドリブサンプルを記譜)
一青窈のイメージに近いアレンジですが、しっかりファンクしていますので、カッコ良く演奏しましょう。管楽器で振り付けをするとかっこよさ倍増です。

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: BEGIN
編曲: 三塚知貴

ソロスペース】 2nd Trumpet (コード記譜のみ)
冒頭はしっとりとしたトランペットのソロで歌い上げるバラードですが、そのあと一転して軽快なスウィングになります。ジャズのスタンダード曲のメロディのフレイバーをちりばめたサックスソリのあとは、トランペットのアドリブあり。

[ジャズアンサンブル]
恋: TBS系 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」主題歌
作曲: 星野源
編曲: 赤塚謙一

ソロスペース】 なし
大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌です。演奏しやすいようにキーを変えていますが(Eb、原曲はA)、演奏のシチュエーションを考え、あえてアドリブなどは入れず、原曲の雰囲気そのままにアレンジしました。是非、恋ダンスと一緒に演奏していただければと思います。

アーティキュレーションの指示は最低限にとどめています。メロディは歌をうたうように、オブリガードもそれに併せて演奏してみて下さい。

※著作権管理会社からの通達により、デモをお聞かせすることが出来ません

[ジャズアンサンブル]
 

作曲: 米米CLUB
編曲: 枡田咲子

ソロスペース】 オープン (コード記譜のみ)
米米CLUBの浪漫飛行をスウィングで。意外にもマッチしているので驚くこと間違いなし!後半に短いですがブラスソリもあり、ビッグバンドの楽しさを余すところなく使ったアレンジです。

[ジャズアンサンブル]
ビッグバンドCD
JAPANESE SOUNDS IN BIG BAND VOL. 3
グローバル・ジャズ・オーケストラ
ビッグバンドとは楽器の編成を意味しているだけであり、演奏する音楽を特定するものではない。 ジャズだってクラシックだって演奏出来るけど、日本の曲だってビッグバンドでカッコ良く演奏できるはず。 今までも沢山の日本の曲の楽譜が販売されてきていますが、どうせやるなら「イカシタ」編曲を演りたいですよね。 そんな思いから企画がスタートした「Japanese Sounds in Big Band」。どんな場面でも使えそうなイカしたアレンジの宝庫です。

今回は「上を向いて歩こう」、「恋の季節」、「古い日記」のような懐メロ、松田聖子の「Sweet Memories」の美しいバラ―ドに加え、吉田美和の作品「うれしい!たのしい!大好き」、「未来予想図II」、新しめの所では一青窈さんが歌って大ヒットした「ハナミズキ」を収録しています。

ビッグバンドの演奏者の多くは、過去吹奏楽で演奏しているという点も着目しました。Vol. 2に続き、T-SQUAREの名曲で吹奏楽アレンジで大ヒットした「Omens of Love」を収録。また、吹奏楽のオリジナルポップスである、真島俊夫さんの「ベイブリーズ」をビッグバンドにアレンジ。吹奏楽色の全くない、ビッグバンドのオリジナル曲かと勘違いしてしまうようなカッコいいアレンジです。

※ブックレットに「お嫁サンバ」が8ビートと記載されておりますが、正しくは16ビートです。また、「うれしい!たのしい!大好き」がミディアム・スウィングになっておりますが、正しくはミディアム・アップ・スウィングです。

JAPANESE SOUNDS IN BIG BAND VOL. 4
NEWTIDE JAZZ ORCHESTRA
ビッグバンドとは楽器の編成を意味しているだけであり、演奏する音楽を特定するものではない。 ジャズだってクラシックだって演奏出来るけど、日本の曲だってビッグバンドでカッコ良く演奏できるはず。 今までも沢山の日本の曲の楽譜が販売されてきていますが、どうせやるなら「イカシタ」編曲を演りたいですよね。 そんな思いから企画がスタートした「Japanese Sounds in Big Band」。どんな場面でも使えそうなイカしたアレンジの宝庫です。
今回は昭和歌謡や懐かし目のJ-POPを軸に、今回で3曲目となるT-SQUAREの名曲も収録しています。演奏は国立音楽大学NEWTIDE JAZZ ORCHESTRA。レコーディングはマイクの数を少なくし、ライブ感溢れる雰囲気になっています。

吹奏楽譜
 

作曲: 実川俊晴
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:羽毛田 耕士)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
沢山のカバーが国内外に存在しているこの曲ですが、このアレンジは海外のアーティストがスウィングで演奏していたものにインスパイアされ製したものです。ミディアム・スウィングで楽しく演奏しましょう。
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 渡辺岳夫
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:赤塚 謙一)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
倖田來未さんのバージョンを参考にアレンジしています。ノリノリのロックでカッコ良く決めましょう!!
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 大野雄二
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:赤塚 謙一)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
2011年12月2日に日本テレビ系の「金曜特別ロードショー」にて放送された「ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~」のサウンドトラックよりアレンジしました。
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 椎名林檎
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:羽毛田 耕士)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
原曲がビッグバンドに近い編成のため、これに近い形でアレンジしており、さらにビッグバンド編成にはない楽器を加えています。ビッグバンドのサウンドに近くなるように敢えてオブリガードなどは最小限に抑えています。、アップテンポのカッコいいスウィングは、J-POPであることを忘れてしまいそうな出来映えで、どんな場面でも使えます。終盤ハーフテンポになりますが、落ち着いてテンポをキープしてハードにスウィングして決めましょう!
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 呉田軽穂
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:赤塚 謙一)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
美しいルバートの序奏のあと、アップテンポのボサノバで爽やかに軽やかに。新感覚のアレンジです。
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
 

作曲: 田中正史
編曲: 金山徹 ・ (オリジナルビッグバンドアレンジ:羽毛田 耕士)

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzの吹奏楽再アレンジ版です。
オリジナルもスウィング調のため、見事にイメージを継承しています。トロンボーン、テナー・サックス、トランペットの3管でメロディとソロ・スペースを担当し、それ以外のパートは合いの手とバックグラウンドをゴージャズにこなします。
なお、小編成でも演奏出来るように、Bassoon、Eb Clarinet、2nd Tenor Sax、Guitar, Pianoはオプショナルとなっています。また、参考演奏はスウィングの演奏の仕方やサウンド作りの参考になるため、ビッグバンド・アレンジを収録した「Japanese Sounds in Jazz Vol. 1」を推奨しています。

[吹奏楽]
バリチュー楽譜
 

作曲: 鶴原 勇夫
ユーフォニアムとテューバによる四重奏団「獅子座」の委嘱により、1993年に作曲。
1994年1月17日練馬文化会館小ホールに於ける「獅子座」演奏会にて、後藤文夫、露木薫、渡邊功、佐藤潔の4氏により初演されました。全3楽章、演奏時間は約12分です。

Euphoniumのパート譜は、へ音(C)とト音(Bb)を同梱しています

[ローブラス・アンサンブル]

[前のページへ戻る]